ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!

<   2010年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今年、ひの新選組まつりに5年ぶりで参加します。

新選組ファンならば、刀や羽織はどうしてもゲットしたくなるのが宿命。
当然私もそうです。
所有している衣装、小道具をこっそりご紹介しときます。

▲▲▲鉢がね&ハチマキ▲▲▲
パレードで使用した物をそのまま放置しとくと、汗で色が黄ばんでしまいます(写真:上)
鉢がねを外して市販の新しいハチマキに縫い付け直しました(写真:下)。
ハチマキは浅草で巾4cm、長さ2mのもの(タスキ用)を700円で購入、
これを適度な長さにカットして使用。(もちろん少し長めの方が格好いいよね!)
d0115409_8592446.jpg
鉢がねにサビが発生してたけど紙やすり(#1000くらい)で磨いたら落ちました。

▲▲▲ダンダラ羽織▲▲▲
浅草の七五三屋(なごさや)という店でオーダーメイドした特注品です。
この店は4万円で好きな色、デザインにて羽織を作成してくれます。

ドラマ壬生義士伝をイメージしたブルーの羽織
薄くもなく、濃くもなく、いわゆるオーソドックスな新選組羽織の色だと思います。
d0115409_914620.jpg
裾をあえて“ブッサキ”にしなかったのは、やはりドラマ壬生義士伝を模したためです。

ドラマ白虎隊をイメージしたアイボリーホワイトの羽織
新選組まつりのパレードで平隊士がこんなの着てたら怒られると思います。
d0115409_927723.jpg
いつ着るんだ?とか、そういう事は考えずにただただ、この色の羽織が欲しい!という
欲望に身をまかせて作成した逸品です。

ちなみに先日、この羽織を着る機会をようやく得ました。
ひの新選組まつりの隊長役を決めるコンテストです。
(写真提供:munn様 ありがとうございます)
d0115409_9293212.jpg
  「御用改めでござる!
    手向い致すにおいては容赦なく斬り捨てる!」
d0115409_92983.jpg
落選だったけど、この衣装を着てこのセリフを絶叫できただけで、とても嬉しかったです。

▲▲▲  刀  ▲▲▲
(左)アルミ合金の軽量模造刀(1万ちょい。買ったのは浅草だったか?)
(中)通販で買った沖田総司レプリカ(けっこう高かった、5~6万くらい)
(右)浅草で買った沖田総司レプリカ(1万5千円)
d0115409_9453279.jpg
沖田レプリカはデザインの美しさだけで選んだ観賞用。
パレードでは必ずアルミ合金製を持参しています。刀は軽ければ軽いほどいいのです。
グリップの部分にサラシを巻くと握りやすく、さらにリアルさも増してナイスです。
d0115409_9531525.jpg

刀はサラシを帯のように腰に巻いてそこへ差します。その方が断然格好いいのです。
d0115409_10333224.jpg
私は羽織の上からサラシを巻く派(けっこう希少派)です。

▲▲▲手甲 篭手▲▲▲
これがあるだけで新選組扮装がグッと引き締まります。
何となくソレっぽく見えるようなものを自作してみました。
ベースにするのはお祭り用の手甲。これにカットしたプラバンを縫い付けます。
プラバンはカインズホームでゲット。厚さ、色、素材、様々な物が売ってました。
d0115409_9553646.jpg
プラバンをカットして穴を開けていきます。
たまたまバイクのカウル加工用の為だけに所有してた手動ドリルが役に立ちました。
d0115409_9582341.jpg
カットはハサミなので間近で見るといびつな形ですが、まぁ良しとします。
d0115409_1012547.jpg
穴あけ作業が完了したら、これを糸で縫い付けていきます。
けっこう地味な作業だけど楽しみながらやれました。
d0115409_1025332.jpg
d0115409_103748.jpg
d0115409_1032741.jpg
ジャーン!完成!
d0115409_1042949.jpg
パッと見で充分立派な篭手として通用すると思います。
d0115409_1426925.jpg


▲▲▲ わらじ ▲▲▲
男のオシャレは足元からです。新選組扮装もしかり。
浅草でヒモで出来ている演劇用のわらじをゲットしました(3,500円くらいだったか)
d0115409_109305.jpg
結構いい値段だけど、洗濯して繰り返し使えるのでお得かもしれません。
d0115409_10132159.jpg
ちなみにわらじというのは足のつま先が出っ張ります。
(じつは・・・サイズ間違って買ったか!?と不安になった事を正直に告白しときます)
d0115409_10192475.jpg
わらじ専用の“わらじ駆け”なるものか、地下足袋との組合せが必須です。

さらに加えて、私は指先だけ露呈してる野球のストッキングを着用します。
足のスネは肌むき出しよりも黒で覆われてた方が格好いいのです。
d0115409_10295749.jpg

いい年ぶっこいたオッサン(今年40才)が新選組コスプレに夢中になってます。

2010年 第13回ひの新選組まつり
パレードは5/9(日)に行われます。
久しぶりに新選組隊士になれる喜びを存分に味わってこようと思います。
[PR]
by take23katana | 2010-04-29 23:00
4/24(土)の続き。

志賀草津道路をそのまま引き返すことにしました。
d0115409_5381664.jpg

d0115409_538482.jpg

プチ雪の回廊です。
d0115409_5393164.jpg
今年はこれが精一杯でした。
d0115409_5394859.jpg

予定が狂ってしまったので、何も考えずにブラブラさまようことにします。

嬬恋パノラマラインから眺める浅間山。
先週の雪化粧はすっかりはがれ落ちてました。
d0115409_550486.jpg
菅平高原のあたりで雪が降り始めたのには驚きました。
d0115409_5573393.jpg

標高が低くなるとまた青空が広がります。
真田町のあたりは桜がちょうど見ごろでした。
d0115409_5521658.jpg

R406で須坂まで抜けます。
d0115409_655482.jpg
ドドーンとそびえる黒姫山(左)と妙高山(右)。
d0115409_68020.jpg
私はとくに妙高山の荒々しい形にそそられてしまいました。
d0115409_694891.jpg
接近してみました。やっぱりデカかったです。
d0115409_6133322.jpg
d0115409_6144350.jpg
d0115409_615719.jpg


ひとっ風呂浴ます。
小布施温泉 穴観音の湯
バルカンさんがAAAの最高評価をつけた温泉
d0115409_6191265.jpg
風呂からはちょうど妙高山を眺める事ができました。

お腹がすいたので信州上田のお馴染みの店にアタック。
d0115409_6233885.jpg
野菜炒め信長定食
d0115409_6243652.jpg
炒められた肉野菜はどんぶりに入ってます。
グレイトな味に感動しました。
これで定食制覇残るターゲットは肉茄子利休定食のみです。
d0115409_6365551.jpg


店を出たらすっかり日が暮れていました。
疲れたのでネットカフェで一泊してから朝帰りすることにします。

「リングで世界一の男が俺を待ってるんだ。行かなきゃな・・・。」
d0115409_6321549.jpg
グビッとやりながら、あしたのジョー2を鑑賞。
酒ではなく、ジョーの格好良さに酔いました。
d0115409_6343918.jpg
d0115409_6345920.jpg

[PR]
by take23katana | 2010-04-24 23:20 | 日帰り
4月24日(土)
雪の回廊を今年も体感すべく志賀草津道路へ突入!
d0115409_22503194.jpg
美しい景色を味わいながら、のんびり走行していきいます。
d0115409_22512670.jpg
d0115409_2252126.jpg
d0115409_22535966.jpg
標高が高くなると雲に覆われてきました。
d0115409_22592571.jpg
d0115409_2303577.jpg
d0115409_2313469.jpg
次から次へと現れる絶景にただウットリするばかりです。
d0115409_2315188.jpg
d0115409_23294.jpg
d0115409_2323285.jpg

ざ、残念!
d0115409_2324684.jpg
万座への分岐を過ぎてすぐのあたりで、路面に危険な香りが漂ってきました。
楽しみにしてた雪の回廊は断念、Uターンして引き返すことにします。

つづく
[PR]
by take23katana | 2010-04-24 23:00 | 日帰り
4/18(日)の続き。

鬼押しハイウェイからの雄大な展望です。
d0115409_21344371.jpg
d0115409_2135213.jpg

嬬恋パノラマラインに突入。
d0115409_2136179.jpg
d0115409_21363279.jpg
恥ずかしながら私、39年生きて来てまだ一度も北海道へ行った事がありません。
この嬬恋パノラマラインは、北海道ってきっとこんな風景なんだろうなぁ、
と思わせてくれる素敵な道です。
d0115409_21372272.jpg
いつの日か 行ってみたいな北海道
 たけぞう 心の叫びの一句
d0115409_21444813.jpg
ここから眺める浅間山も実に豪快です。
d0115409_2150929.jpg
d0115409_21505377.jpg


美人の湯 小野上温泉でひとっ風呂浴びて帰還。今回はソフトな旅でした。
d0115409_2155392.jpg

今日もまた、新しい感動に出会えた事に感謝します。
d0115409_21591825.jpg

[PR]
by take23katana | 2010-04-18 23:30 | 日帰り
4月18日(日)
天気予報が快晴だったので出撃を決意しました。
本日のターゲットは綺麗な雪化粧姿の浅間山です。
発進!GO!
d0115409_22255173.jpg

坂戸近辺が猛烈な霧で走行が危険な状態だったために
山田うどんで朝食をとりながら時間をつぶすことにしました。
d0115409_22372256.jpg
山田うどんのカレーライスは高校時代に食べた学食のカレーに似ています。

ちなみに時間つぶしのつもりが、あまりの美味しさについうっかり
がっついて食べてしまい、ものの15分たらずで店を出るハメになってしまいました。
かけ引きの下手な男たけぞう、39歳会社員です。

妙義山に突入!。奇怪な形をした山がドドーンとそびえます。
d0115409_22453738.jpg
d0115409_22463177.jpg
d0115409_22464984.jpg
d0115409_2248529.jpg
間近で見ると、その豪快な形状と大きさに圧倒されます。
d0115409_22501199.jpg
d0115409_22511263.jpg
d0115409_22513347.jpg


軽井沢を通過、鬼押しハイウェイにアタック!。
d0115409_2253469.jpg
路肩に積もった雪が風情を感じさせてくれます。

そして現れた真っ白な浅間山。う、美しい!。
d0115409_22571147.jpg
いま、この時期だけの風景です。

青と白の空間をワクワクしながら進みます。
d0115409_2382713.jpg


つづく
[PR]
by take23katana | 2010-04-18 23:00 | 日帰り
4月10日(土)のつづき。

突入!上州三日月村
木枯らし紋次郎にちなんだ小規模なテーマパーク。
d0115409_21225985.jpg
          ↓何となく意味は分かるけど、文法的に少し変な案内板。
d0115409_2221567.jpg
d0115409_2223658.jpg

園内には江戸時代っぽい建物が並びます。
d0115409_21244593.jpg
d0115409_21264629.jpg

d0115409_21585396.jpg
木枯らし紋次郎と原作者、笹沢佐保氏にまつわる資料館もあります。
d0115409_2133081.jpg
紋次郎のナマ原稿。あまりにも端正な文字には誰もが驚愕します。
d0115409_21363238.jpg
中村敦夫さん演じる紋次郎、その格好良さは永久不滅です。
d0115409_21382774.jpg
紋次郎の殺陣は決して綺麗なチャンバラとは言えません。
地べたを転げながら、逃げながら、相手と組み付きながら、
一見するとダサイ戦い方だけど、それがまたリアルでいいのです。
d0115409_21554374.jpg


三日月村の中に不思議な屋敷があります。
d0115409_2241363.jpg
こんな風に思いっきり傾いた家だけど・・・
d0115409_2251420.jpg
中に入ってみると、こんな感覚になってしまうので
d0115409_22175562.jpg

平行感覚が狂ってしまい、斜めに立ってしまってる自分の姿に驚いたり、
d0115409_2261882.jpg
なんと!ボールが滑り台を下から上にあがってしまうという錯覚も体験できます。
d0115409_22183758.jpg
面白かったけど、ちょっと車酔いみたいなカンジで気持ち悪くなってしまった私は
決して宇宙飛行士にはなれない事を痛感しました。

天気が良かったので赤城に突入。
d0115409_22305182.jpg
頂上にある大沼はとてもダイナミックな凍り方をしてました。
d0115409_22272566.jpg
d0115409_22274610.jpg


赤城山麓の滝沢温泉でゆっくり体を温めてから帰還しました。
d0115409_2234697.jpg
露天風呂に浸かりながら見上げた空。
d0115409_2237826.jpg
あぁ、なんという贅沢なひと時。私は幸せ者です。

ブログ「青いカタナと白い雲」、4年目に突入しました。
まだ3年しか経過してないのか、というのが正直な思いです。

だんだん出撃が回数も内容もヘボくなってきてるけど、
また一年、新しい感動を求めて発進、GO!。

今回の戦利品
d0115409_22361983.jpg

[PR]
by take23katana | 2010-04-10 23:01 | 日帰り
4月10日(土)
発進、GO!
幸手の権現堂堤に突入。
d0115409_5581384.jpg

見事に満開な桜のトンネル。
d0115409_603093.jpg
花びらたちの「せまいよ、押すなよ」っていう声が聞こえてきそうです。
d0115409_6182984.jpg
d0115409_6101041.jpg
心待ちにしていた風景にまた出会えた喜び。
五体満足の体を持って平穏無事に生きていられるという事に感謝します。
d0115409_22133874.jpg
d0115409_6124993.jpg
d0115409_6172537.jpg
d0115409_6175310.jpg
d0115409_6244854.jpg
スイセンもさりげなく綺麗でした。
d0115409_6255054.jpg
d0115409_626969.jpg


お腹がすきました。
R122(埼玉県民はワンツーツーと呼ぶ)沿い、騎西にあるこのお店にアタック。
けっこう人気のお店です。
d0115409_6313610.jpg
早朝6時からの営業というのが嬉しいです。
ドドドーン!
d0115409_6352540.jpg
チャーシュー麺の大盛りを頼んだら、ものすごい量が出てきてしまいました。
しかも、ついうっかりサービスの半ライスも付けちゃった!!!。

必死で食べました。
 男なら、食事は残さず食べるべし
  (たけぞう 男の格言集より)

チャーシューの部厚さに感動を覚えます。
d0115409_641379.jpg
私はやわらか麺が好きなので、わざとのばして食べてるのは変態でしょうか?
d0115409_6442660.jpg
いつもラーメン食べる時はスープを飲み干すけれど、さすがに今回ばかりは
残してしまいました。

お腹もいっぱいになったので(っていうか苦しかった)発進!。
木枯らし紋次郎の故郷、上州三日月村を目指します。
d0115409_6503040.jpg
 ど~こかで~ だ~れかが~
  き~っと待って~ いてくれる~♪
d0115409_7245729.jpg




つづく
[PR]
by take23katana | 2010-04-10 23:00 | 日帰り