ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!

タグ:事件 事故 ( 5 ) タグの人気記事

2008年

8月12日(火)

待ちに待った夏休み。
目指すは秋田!青森!。


今回は気合い入れてバイクで職場に出社。
仕事終了後、そのまま出撃しました。

発進GO!
夜の東北自動車道をひた走ります。
交通量はそれなりに多かったけど、そこそこ流れてます。

順調に仙台まで来たときにハプニングが起こりました。

走行中にエンジンからガガガッ!という異音、そして煙がモクモク!。
またかっ!? 
エンスト特有の急激な減速。
路肩に寄ったとたんストン!とエンジンが止まりました。
d0115409_20155774.jpg


エンジン焼きつきでした。
コンロッドがエンジンを突き破ってます。
d0115409_20232597.jpg

WHY?なぜ?よりによって今、この時に?。

終った・・・・。何もかも・・・。

カタナ400も・・・。
楽しみにしていた夏休みも・・・。



こんな絶望を味わったのは久しぶりです。
神様はとことん私に意地悪をしかけてきます。


8月13日(水)
仙台市内のネットカフェで一夜を過ごしました。
むなしい朝でした。
d0115409_20312525.jpg
本当なら秋田あたりですがすがしく迎えてたはずなのに・・・。

いろいろ熟慮した結果、バイクは仙台の業者に引き取ってもらうことにしました。
エンジンオシャカの状態で果たして買取り、というのはありえるかどうかは
疑問でしたが。それしか仕方がありませんでした。

業者さんを待つあいだに別れを惜しんで最後の記念撮影。
d0115409_20354989.jpg

いいマシンだったなぁ・・・。まだこんなにキレイなのにね・・・(グスン)。
d0115409_20361813.jpg

d0115409_20372637.jpg

悲しい別れって、いつも突然やってくるものなんですね。
d0115409_20382053.jpg

さようなら、ガンメタ400!。


その後、せっかくなので仙台市内を観光。


伊達政宗の雄姿が心にしみました。
こんな形でお目見えするハメになろうとは思いもよらなんだ。
d0115409_20411529.jpg

政宗はかっこよかったけど、やっぱり空しかったです。
d0115409_20421511.jpg

ホントなら今頃は青森を走ってるころだろうな・・・とかどうしても考えてしまって。

この時の私はこんなカンジ↓でした。
d0115409_20441880.jpg
廃人になったカーロス・リベラをイメージしていただければ近いかもしれません。


牛タンをヤケ食い。バイクじゃないので思う存分飲んだくれました。
d0115409_2046189.jpg

d0115409_20462392.jpg

d0115409_20464219.jpg

あまりの美味さに涙が出そうになりました。
d0115409_2048489.jpg

この味は一生忘れないと思います。


ひとっ風呂浴びて新幹線で帰りました。
d0115409_20493295.jpg

d0115409_20494870.jpg

d0115409_20501041.jpg


もちろん新幹線の中でも飲みました。
d0115409_20503865.jpg

地元の大宮駅に着いてからもグビッ!とやりました。
d0115409_2051198.jpg


あぁぁ・・・夏は終った。(しょんぼり)


帰りに書店でこんな本を購入して、次のマシンを物色。
d0115409_20515834.jpg

これしか悲しみを払拭する方法が見つかりません。

「失恋を癒す方法は、新しい恋をすることだ」
って誰の言葉でしたっけ?いや、そもそもそんな名言あったんだっけ?
とにかくそんな心境でした。


8月15日(金)
都内のバイク屋さんめぐりを実施。
・・・といっても3件だけだけど。

数ある候補の中からNEWマシンを決定!
思い切って決めました。
憧れのファイナル・エディションです。


購入契約を済ませて最短で8/31(日)納車予定。
乞うご期待。

こうなったら、とことん坂道を転げ落ちてみようと思います。
[PR]
by take23katana | 2008-08-15 20:05 | 泊りがけ
【2007年 11月18日】

草津まで出撃した快適な旅。
d0115409_0224750.jpg
楽しさを満喫。
d0115409_0231071.jpg

まさか250カタナ終焉の日になろうとは夢にも思いませんでした。

ウキウキ気分で帰路につきます。

PM19:15
関越道鶴ヶ島ICで降りて、下みちを快走。


PM19:30頃
坂戸市内、小さな交差点。

この時、この場所で事件は起こりました。

信号待ちで停車していると異変。
シュー、シューという蒸気音と共に煙がモクモク。

とっさに思った事、
「ラジエターホースに飛び石で穴があいて、水が漏れたか?」

路肩にバイクを寄せました。
ちょうど交差点の角が駐車場になってたのは不幸中の幸いです。

テールカウルの下あたりから炎が上がりはじめました。
「えっ!ウソッ!火っ!?」
あせりました。パニックになりました。


なぜかエンジン切れません。
キーをOFFにまわして抜いたのに、エンジンが作動したまま。
キルスイッチをOFFにしてもダメ。

なんで!?。オカルト!?。

しかもギアがニュートラルに入らず、車体は前へ前へ行こうとする。
クラッチレバーを握ることで、とりあえず静止状態のまま立ちすくむ、
これしかできませんでした。

バイクの脇に立ち、ハンドルを握ったまま
「あぁ、どうしよ!どうしよ!」
とオロオロする姿はいま自分で思い浮かべても笑えます。

その間に炎はメラメラと大きくなってきます。

エンジンは止まらないし、ギアも入ったまま。

お手上げ。降参。まいった。

仕方なくバイクをその場に寝かして放置。
d0115409_0303860.jpg
ウォオオン!というエンジン音を響かせながら、
横たわった機体は徐々に炎に包まれていきます。


ちょうどこの時、運よくパトカーが通りかかりました。ラッキー!。
「どうしました?事故ですか?」

「はい。突然バイクが燃えちゃいまして」
なんとも間抜けなセリフだけど、事実だから仕方がないです。

ガソリンに引火してボン!と爆ぜた瞬間
d0115409_032780.jpg


ここから先は、もうお祭り状態。
近所のヤジ馬は集まってくる。
通りすがりの車は徐行しながらヤンヤの喝采。

ヤジ馬たちに注意を呼びかける警官の声が次第に荒々しくなっていきます。
「あぶないから近寄らないでくださーいっ!」
「あぶないって言ってるだろっ!」
「オラァーッ!あぶねえっつってんだろがっ!」



10分経過。

ボーボー燃えちゃってます。
d0115409_0323395.jpg
しかしまあ、バイクってこんなによく燃えるんですね・・・。

消防車が2台来ました。今さら、というタイミングで。
放水開始、無事に鎮火。

煙の中から現れた無残な残骸。
d0115409_044527.jpg

d0115409_0465620.jpg

今朝のこれはなんだったんでしょうか。
d0115409_0472970.jpg


中古で購入した250カタナですが、あえなく2ヶ月でオシャカになりました。

事故とか、転倒とかではなく、まさかまさかの突然炎上にてのご臨終。
こんな結末を誰が予想しましたか?。

ある意味、壮絶な伝説を作ってしまったような気がします。


今後は購入したバイク屋さんと補償問題を交渉します。

一歩間違えば私もまる焼けになってたワケだし。
これが人通りの多い市街地のど真ん中だったらケガ人も出てたろうし。
高速道路を走行中の炎上だったら、大惨事になってたかもしれないし。

バイク代金に慰謝料を加算して請求するつもりです。
きっちりオトシマエはつけさせて頂きます。

ついでに私に意地悪をしてくる悪い神様に対しても。
こうなったら意地でも乗り続けて、毎週のように出撃してやる!。
さっそく次のマシンの選定に入ります。(ガンメタ400カタナ最有力)


短い間だったけど、楽しい思い出をありがとう!250カタナ。
d0115409_0355316.jpg

[PR]
by take23katana | 2007-11-18 22:30 | 日帰り
【2007年 11月】

燃ぉ~えろよ 燃えろ~よ~ 炎よ燃えろ~♪
d0115409_22525028.jpg

これが何だかわかりますか?。

季節はずれのキャンプファイヤー!?

惜しい!

じつは、バイク。
そう、そのまさか。
私に残された唯一の翼、250カタナです。



ここ最近、
神様はとことん私に意地悪をしかけてきます。


果たして何があったのか。
とにかく聞いてください、見てください。

11月18日(日)

3週間ぶりの出撃となりました。
先週、先々週と職場の野球部の試合だったためです。


出撃前にまた儀式。
「軽快な走行ができますように」というおまじない
イナズマぱんだステッカー装着!
d0115409_231246.jpg

          ↓
ジャキーン!
d0115409_2314782.jpg

これで5馬力はアップしたはずです。
※もちろん、このわずか10時間後に車体もろとも灰になるとは夢にも思わなんだ。


10:00 発進。 (もちろん寝坊)
関越道を前橋で降りて、下みちをスイスイ。

本日のターゲットは山木屋のホルモン焼き(久しぶり!)。

◆山木屋 ホルモン焼き
d0115409_23105892.jpg

ずっと待ちわびてた味、喜びと感動をかみしめました。

山木屋を出たのが13:00頃。
ビミョーな時間。

いさぎよく、ひとっ風呂浴びて帰還することにしました。

でも、そのわりには目指したのは草津温泉だったりします。
(寝坊した自分への罰の意味をこめて)


倉渕から長野原に抜ける道。
d0115409_23262778.jpg

満開の紅葉がお出迎え。
d0115409_23264447.jpg

d0115409_23271100.jpg

d0115409_23271791.jpg

※これがラストランになってしまったので、目いっぱい写真載せようという魂胆



雨が振りだしました。
もちろん、迷わず前進あるのみ。

d0115409_232017100.jpg


ふっ、今さら引き返せぬわ!。
d0115409_23211650.jpg


草津突入直後、雨がになってしまいました。
d0115409_23214460.jpg

風情があっていいなぁ~、などと、この時はまだ余裕ぶっこいてました。

どの温泉にしようか迷った挙句、決めたのはここ
◆西の河原温泉
d0115409_2324826.jpg

楽しく愉快な思い出の場所です。
d0115409_23304450.jpg

雪が降る中でのホカホカ露天風呂、最高のシュチュエーションでした。
d0115409_23315692.jpg

d0115409_23345038.jpg


雪足はだんだん強くなってきます。
でもなぜか、この日の私はとことんのん気君。
今年初めて見る降雪に情緒を感じてました。

温泉を出てみたら、ほんの数十分の間に景色が変わってました。
d0115409_2338161.jpg

d0115409_233944.jpg

もう冬ですね。

そしてバイクはこんなカンジ。
d0115409_23403368.jpg

お見事!
d0115409_2341647.jpg


撤収
もと来た道を戻ります。

いちおう慎重な運転を心がけました。
温泉効果もあってホカホカ気分での走行、寒さはこれっぽっちもありません。


長野原から倉渕に抜けるR406。
思ったとおり、降雪は草津あたりだけのようでした。

交通量も少ない快適なワインディングコース。
d0115409_23453681.jpg

d0115409_23455850.jpg

d0115409_234614100.jpg

d0115409_23463382.jpg

d0115409_2353317.jpg

何てったって、これがファイナル走行ですから・・・めいっぱい写真を。
d0115409_23541453.jpg

d0115409_23542754.jpg

そしてこれが、最後の雄姿となりました(涙)。
マドレーヌ山(私が勝手に命名)とのツーショット。
d0115409_2355976.jpg



倉渕を通過、榛名町のあたりで晩ごはん。
◆石焼ラーメン 火山
これからの季節にはもってこいの逸品。
煮えくりたぎった汁が食欲をそそらせます。
d0115409_23593569.jpg

d0115409_23594836.jpg
残り汁にご飯をぶち込むと激烈に美味しいです。


身も心もホカホカ気分。
前橋から関越道に乗って、鶴ヶ島ICまでイッキにGO。


そして、


ほぼ地元に近づいた坂戸市内の路上にて事件は起きました。

「さぁ、皆さん!、ついにその時がやってまいりました」
(松平アナウンサーの声)



つづく(おいっ!!!!)






今夜は、オレ・・・飲みます・・・。(たぶん、明日も明後日も)
d0115409_0122688.jpg

(ちなみにパソコン、直りました。データすべて消し飛びましたが)
[PR]
by take23katana | 2007-11-18 22:25 | 日帰り
ついにやってしまいました・・・。
車との接触事故です。


身体はカスリ傷ひとつなく、ピンピンしてるのでご安心ください。


カタナは・・・・・・・フロントフォークが曲がってしまいました。
いまはバイク屋に入院中。

事故現場(川越)からバイク屋(上尾)まで運転するのに苦労しました。
まっすぐ走らないので、ハンドルを少し右にきった状態での運転でした。


◆事故概要
川越からさいたま市にぬける県道15号、いつもどおり渋滞してました。
私は必殺路肩走行でバヒューン!と飛ばしてました。(俗にスリ抜けともいいます)

突然目の前にニュッ!とミニバン(セレナ)が出現(対向車:右折)

アセりました・・・あぁ、終わったな、とさえ思いました。

夢中でフルブレーキング。キュキュキュッ!といい音させましたよ(笑)
そして、止まりきれずに

ドーン!!




相手のドライバー(50代男性)もさぞかし驚いたと思います。
まるで人間魚雷のごとく感じたかもしれません。
d0115409_2205146.jpg



今後はお互いの保険屋さんを通してのやりとりが進みます。


果して過失の割合はどれくらいになるのか!?。

カタナの修理代は!?


本日、甲府に出撃してきた帰路、しかも
ほぼ地元まで到達してからの事故だったため悔しいです。


ムッキキキーッ!!!



今夜はとことん酔いつぶれます。
d0115409_2244158.jpg

[PR]
by take23katana | 2007-09-16 22:22 | メンテナンス
さようなら富士、ありがとう富士。
d0115409_221883.jpg


富士山を見に山梨を目指した今回のツーリング。
快適な旅を満喫し、心地よく帰路についてる最中でした。



本栖湖を過ぎてすぐのトンネルの中で・・・・
走行中にガツーン!と車体の真下に衝撃を受けました。
岩か何かがぶつかったようなカンジ。

不思議でした。
すぐにミラーで確認したけど路面には何もなし。
っていうか、まず前方にそんな物体があれば、気付いて回避してるハズです。

まあ、とにかく謎の衝撃。

「何だったんだ今のは?」
ってなカンジで別に気にもせずそのまま走行。



この日、走るのに夢中で、ろくな物を食べてませんでした。
(コンビニの焼き鳥1本、おにぎり1個、お茶)

夕方16:00。
そろそろお腹も空きました。

山梨といえば、ほうとう。


でも私は知っていた!。
恵林寺(信玄ゆかりの寺)の近くのラーメン屋のチャーハンが
激烈に美味しいということを!。

じつは、最後に温泉入った段階で密かに決めてました。
「今日はチャーハンだな・・・ふふふ」と。

無事到着。
ここ!ここ!。
d0115409_21505180.jpg

このお店、もちろんラーメンもすこぶる美味しいです。


駐車場にバイクを止めた瞬間、そう、まさにこの瞬間に悲劇は起こりました。

≪さあ皆さん、いよいよ、ついにその時がやってまいりました≫
(松平キャスターの声)


バイクを駐車したとたん、
カラーン!と地面に響く金属音。

ん!?

見ると、どこかで見たことある物体。
d0115409_21351947.jpg


!?

「君は・・・たしか・・・サイドスタンド君だったね・・・」
d0115409_21354826.jpg
一瞬、何が起こったのか理解できませんでした。

・・・ということは!?

ハッ!っと思った瞬間
200㎏の車体がグラっと私に寄りかかってきました。

あやうく押し潰されそうになるのをこらえます。
そのまま呆然としました。


さっきのトンネルの中での衝撃の顛末がこれか!。
原因を追究してるヒマはなし。
とにかく帰らねば。

とりあえずバイクをラーメン屋の壁に立てかけて、あれこれ試行錯誤。

サイドスタンドを装着してるボルトがスパッ!と切断されてました。
スタンドの再装着はムリってことです。

なら、バイクを駐車する時だけ苦労するけど、
とりあえず我慢して走行するか・・・。

ってことで、再出発を試みると・・・。

ギヤをローに入れたとたんにエンジンストップ。

脳裏によぎる恐ろしい予感。

そう、スタンド出しっぱなし防止のためのストッパーボタン。
d0115409_21405185.jpg

スタンドを収納して、このボタンが押された状態で
初めて走行が可能になるという、便利だけど今の状況に至っては
とてつもなくありがた迷惑な仕組み。

つまり、サイドスタンドが取っ払われると、走行は出来ません。

ガーン!!

お前だっ!お前のせいだ!
d0115409_21412118.jpg



よくよく観察してみると、
ストッパーボタンのコードがニョロっと出てる。

ひょっとして、こいつを切断すれば・・・!!(ニヤリ)
イチかバチか。
男たけぞう、ここ一番の勝負どころ。

「やらずに後悔するくらいなら、やって後悔しろ」
手前勝手な妄想も私を後押しする。

いちおう念のためバイク屋に電話して聞いてみました。

きっぱり言われました。
「はやまるな!配線を切断したら走行は不可能になる!」と。

あぶねえ、あぶねえ!。
あやうく取り返しのつかない事態になるところでした。

≪皆も重大な決断の際は周りの人に相談してみよう!≫
たけぞう 心の教訓



決死の作戦。
この絶対絶命のピンチを救ってくれたアイテム。

≪ビニ~ルテ~プゥゥゥ~≫ (ドラえもんの声)
d0115409_21453663.jpg




ビニールテープでグルグル巻きにして、スイッチを押した状態で固定。
シャキーン!!
d0115409_2145169.jpg


ラーメン屋さんの隣がコンビニだったのが不幸中の幸い(ビニールテープ購入)。
もし、これが山の中だったら・・・・考えただけでゾッとします。

とりあえず上手くいったような気はします(そう思いたかった)。

ただし、このビニールテープ、やっぱり頼りない。
っていうか、スイッチの押す力ってかなり強いのです。
耐久性に難あり。いつまでもつことやら・・・。

走行中にスイッチが戻ったらそのままエンスト。
ここはまだ山梨県の山の中。
帰路に待ち受ける峠みち、無数のカーブ。
もしカーブを走行中にエンストしたら・・・・ゾク!。


迷ってるヒマはない。

頼むぞ!毘沙門さま!。
d0115409_21463585.jpg



エンジン始動。
祈りを込めながらギヤをローへ
・・・ガシャン!・・・入った、入ったよ!!。


出撃!目指すは埼玉県。
生きて帰るのだ!故郷へ。



あぁぁ・・・チャーハン食いそこねた。
d0115409_21482474.jpg

チャーハン・・・
チャーハン・・・チャーハン・・・
シールドの内側が涙でくもりました。



ちなみに、家にたどり着くまで予想どうり走行中のエンスト3回!。
暗闇での修理中、誤って指をカッターで切りつけちゃったりも!。
d0115409_21534642.jpg

d0115409_21542447.jpg
いつエンストするかわからないマシンで暗闇の山の中を走るスリルとサスペンス。
ここだけの話、秩父の正丸トンネルを通過する時、半分泣きべそでした。



無事に帰還。時刻は22:00を回ってました。


普段、何気なく使ってるサイドスタンド、
じつはとってもありがたい代物だったんですね。
つくづく実感。

ライダーの皆さん、サイドスタンドの落下にはくれぐれも気をつけましょう。
(っていうか、ゼ・ッ・タ・イ・あぁぁりぃぃえぇぇねぇぇー)
[PR]
by take23katana | 2007-06-03 22:45 | 日帰り