ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!

美味しいソースかつ丼でお腹を満たしました。
任務完了、これより帰還します。

高遠に立ち寄りました。
城下町の雰囲気を残す風情ある町です。
d0115409_22365412.jpg
高遠藩の藩校 進徳館。
d0115409_22214132.jpg
d0115409_22274089.jpg
d0115409_22282787.jpg

高遠城址公園
桜の名所として有名な史跡観光スポットです。
d0115409_22151783.jpg
d0115409_2216173.jpg
来年、桜の時期にまた訪れてみようと思います。
d0115409_21373759.jpg
d0115409_22355169.jpg


R152、杖突峠からの展望
d0115409_22401946.jpg
d0115409_22405772.jpg
d0115409_22411919.jpg


諏訪を通過
d0115409_2242983.jpg
d0115409_2243062.jpg
d0115409_22433068.jpg


諏訪湖畔でいかした外観のラーメン屋が目についたのでアタックしてみました。
宮坂商店
d0115409_22444228.jpg
店内も古き良き時代の昭和を再現しています。
まるで横浜のラーメン博物館みたいな雰囲気です。
d0115409_22493212.jpg
d0115409_22503433.jpg
d0115409_22505539.jpg
ぎょってりラーメンなるものを注文。
魚介の香りが素晴らしい、とても感動的なラーメンでした。
あまりの美味しさについうっかり替え玉(¥150)を追加してしまいました。
d0115409_22522847.jpg
そしてチャーハンも素晴らしかったです。・・・っていうか食いすぎです。
d0115409_22554083.jpg
お店を出たらすっかり日も落ちてました。

下みちでのんびり帰還することにします。

県道40号で白樺湖を通過。
d0115409_2354334.jpg
d0115409_2355840.jpg

道を誤って、R18に出てしまいました。
仕方なく、そのまま軽井沢経由という、じつに壮大なる遠回りで帰還しました。
d0115409_23105561.jpg
疲れたけど楽しかったです。
今日一日、美味しいものをたくさん食べられて大満足!。
[PR]
by take23katana | 2010-10-16 23:56 | 日帰り
10月16日(土)
美味しいソースかつ丼が食べたくなったので伊那を目指すことにします。
発進!GO!
d0115409_21352572.jpg
関越自動車道に飛び乗ります。
佐久インターで降りると、真正面に「おぎのや」がありました。
ちょうどお腹もすいてたのでアタック!。
d0115409_21391054.jpg
う、うまい!うますぎる!久しぶりに食べる釜飯の味はやはり絶品でした。

R141からR299に入ります。
d0115409_21442727.jpg
早くも、うっすら紅葉の気配が漂ってました。
d0115409_2153361.jpg
d0115409_21474128.jpg
日本一といわれる八千穂高原の白樺林。
d0115409_2150471.jpg
d0115409_21511317.jpg
d0115409_21515328.jpg
標高2,127mの麦草峠を通過。空の青さがたまりません。
d0115409_21572286.jpg
d0115409_2221770.jpg
d0115409_2158665.jpg
d0115409_2202785.jpg
d0115409_2213222.jpg
d0115409_223587.jpg
伊那に突入成功。中央アルプスと南アルプスに挟まれた旅情たっぷりの地域です。
d0115409_22185797.jpg


まずは温泉でひとっ風呂浴びます。
早太郎温泉 こまくさの湯
d0115409_22155183.jpg
雄大な駒ヶ岳を眺めながら浸かる露天風呂がグレイトでした。
d0115409_22205385.jpg


お目当てのソースかつ丼は人気の名店、明治亭で頂くことにします。
d0115409_2227111.jpg
d0115409_22554227.jpg


ドドーン!!
d0115409_22331057.jpg
ソースかつ丼(ロース)1,340円。
壮絶なモノが出てきました。予想してたよりもずいぶん大きかったです。
シャキーン!!
d0115409_22353280.jpg
肉の分厚さに熱い感動を覚えました。もはやB級グルメの域を大きく超えてる気がします。

私がこれまでの人生で味わってきた中で一番美味しいソースかつ丼でした。
食べてる最中、幸せを感じました。


つづく
[PR]
by take23katana | 2010-10-16 23:00 | 日帰り
5月3日(日)
伊那で迎えたすがすがしい朝。
発進!GO!

R153からは雄大な木曽駒ヶ岳が眺められます。
d0115409_8252981.jpg

d0115409_8281161.jpg

d0115409_8355787.jpg

d0115409_10351893.jpg

d0115409_8375862.jpg


飯田から大平街道(県道8号)で峠越え。
d0115409_10315629.jpg


妻籠宿 江戸時代の街並み
d0115409_8394394.jpg


木曽馬の里
d0115409_840494.jpg

d0115409_8415463.jpg


木曽街道(R361)から眺める御岳山
d0115409_8582861.jpg

d0115409_10375620.jpg


倉越パノラマライン
d0115409_8565162.jpg

d0115409_8574353.jpg

d0115409_8575968.jpg


御岳山の中腹まで行ける霊峰ラインは残念ながら雪のため断念。
d0115409_913048.jpg

おとなしく撤収ルートにつきます。
R19を北上、諏訪からR142でいっきに信州上田まで抜けました。
d0115409_952331.jpg



上田に来たらここにアタックしなければならない宿命です。
d0115409_963928.jpg


いつもバカのひとつ覚えでチャーハン謙信だったので、今回は
ジャジャーン!
d0115409_975862.jpg
焼肉信玄定食 激烈に美味しかったです。

奮発してこってりラーメン左近のミニサイズも追加
d0115409_995171.jpg
むむむ!こ、これはっ!『天下一品ラーメン』にそっくりのこってりスープ。
かなり修行を積んだ本格派のお店といえます。

食後のひとっ風呂は、せっかくなので真田ゆかりの湯。
d0115409_9156100.jpg
湯上りに休憩所でごろ寝してたら突然体中の関節がゾクゾクしはじめて
ヘロヘロになりました。あきらかに熱発です。

帰宅は断念。仕方なく上田市街のネットカフェで緊急避難。

ちなみに・・・
とりあえず寝る場所は確保したものの、結局は夢でうなされてしまい、
本格的に眠りに落ちたのは明け方になってからでした。


5月4日(月)

ドンドンドン!と個室のドアを叩かれて目が覚めました。
『入店から12時間が経過してるので一旦清算をお願いします』
とのこと。
時計を見るとすでにすっかり日が昇った午前10:00!!
ワオーン!!


ほんのわずかの睡眠だったけど、すっかり体は元通りになってました。
超回復力。

駐車場に停めてあるファイナルエディションが妙に色っぽく感じたのは
私が病み上がりだったせいでしょうか。
d0115409_9285199.jpg



発進!GO!

上田の古い町並み
d0115409_933365.jpg


たそがれ清兵衛の撮影ロケ地
d0115409_935745.jpg


北国街道海野宿 江戸時代の街並み
d0115409_9371873.jpg
それにしても今回の旅はこういう風景多かったです。
d0115409_943208.jpg



体調も回復したことだし、このままのんびり下みちでトロトロと帰りました。
d0115409_9511686.jpg

[PR]
by take23katana | 2009-05-03 08:16 | 泊りがけ
5月2日(土)
待ちにまったゴールデンウィーク到来。
d0115409_9551156.jpg
発進!GO!
ちなみに、この時期は毎年信州と心に決めております。
関越道→上信越道。上田菅平ICで降ります。

ツーリングマップルに
『北アルプスの展望を楽しみながら快適に走れる』
と書いてあったこの道にアタック!
d0115409_1065732.jpg
まさにそのとおりの絶景が広がってました
d0115409_107308.jpg

d0115409_1074588.jpg

d0115409_108176.jpg


安曇野に到着。
毎度お馴染みの風景が優しく出迎えてくれました。
d0115409_109388.jpg


上原良司
慶応義塾大学の学生。学徒出陣により特攻隊パイロットとして戦死。
『所感』と題された出撃前夜に記した遺書には、敗戦後の日本国民に
向けた痛切なメッセージが記されていました。
d0115409_11412071.jpg
私もこの所感を読んで心を震わされた一人です。

上原良司の祈念碑
d0115409_10103380.jpg


祈念碑のそばの休憩施設内ですごいパンフレットを発見!
d0115409_10164062.jpg
『上原良司の灯を守る会』の方々による尽力です。
薄っぺらいパンフだけど内容が凝縮されてて、この上もなく有難い一冊でした。

良司ゆかりの地の案内
d0115409_101974.jpg

『所感』の全文が掲載されていました!素晴らしい!。
d0115409_10194871.jpg
何度も読んだ文章だけど、展望ロビーで山々を眺めながら
あらためて読みふけりました。

  『所感』より抜粋
  
  人間の本性たる自由を滅ぼす事は絶対に出来なく 
  例えそれが抑えられている如く見えても底においては常に戦いつつ
  最後には必ず勝つという事は かのイタリアのクローチェも云っている如く
  真理であると思います。

  権力主義 全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも
  必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。


つまり国民の自由を奪っている現在の国家体制ではいずれ負けるぞ、と
あわよくばいっそ負けてしまえ、くらいの気持ちが吐露されています。
それほどまで、暴力による圧政を憎んでいました。
d0115409_10203128.jpg
  『所感』より部分的に抜粋
  
  空の特攻隊のパイロットは一器械に過ぎぬと
  一友人が云った事は確かです。

  操縦桿を採る器械、人格もなく感情もなく もちろん理性もなく、
  ただ敵の航空母艦に向かって吸いつく磁石の中の
  鉄の一分子に過ぎぬのです。

  一器械である吾人は何も云う権利もありませんが
  ただ願わくば、愛する日本を偉大ならしめられんことを
  国民の方々にお願いするのみです。

d0115409_10295668.jpg
この“国民の方々に”というところがとても重要なポイントだと思います。
当時の指導者や政治家ではなく、あくまでも一般国民に未来を託してるのです。
d0115409_2133625.jpg



良司の恋は実らずに終りました。
最愛の女性、冾子さんは他の男性に嫁いだ後ほどなくして病で他界します。
d0115409_10343535.jpg
それでも尚、良司は密かに『僕は君を愛している』と想いを綴っています。

成就することを目的とした恋愛ではなく、
ただひたすらに相手の幸せを願う優しさ。
これこそが本当の愛と呼べるのではないでしょうか。

  『所感』より抜粋

  愛する恋人に死なれた時 自分も精神的には死んでおりました。
  天国に待ちある人、天国において彼女と会えると思うと
  死は天国に行く途中でしかありませんから何でもありません。
d0115409_1055329.jpg
上原良司の本当の凄さは、言論統制の厳しい当時の国内において
人目も気にせず堂々と軍国主義を否定し、自由主義の偉大さを
公言していたことです。
これは平和な現代からでは想像もつかない、とても勇気ある行動です。
d0115409_11502778.jpg
日本の敗北を予期しながらも、戦後の日本が明るい自由主義の国へと
生まれ変わってくれることを願って出撃していきました。
d0115409_11124014.jpg


良司ゆかりの地をひとめぐり。
d0115409_1151429.jpg

d0115409_11515955.jpg

d0115409_11521542.jpg



本日の宿泊地、伊那へ移動。
木曽街道を散策
d0115409_11535616.jpg

奈良井宿。江戸時代の町並み
d0115409_124079.jpg


晩ご飯は伊那名物ソースカツ丼
d0115409_124479.jpg
つい開放的になって馬刺しを追加してしまいました。
何てったってGWですから
d0115409_1253011.jpg
激烈に美味しかったです。
たしか、これだけたらふく食べて1,500円くらいだったと思います。
(安い!でも店の名は忘れた!)

夜は寝ることさえできれば、それでヨシ!
男の一人旅のモットーです。そんなワケで今夜はネットカフェ。
こっそり持ち込んだチューハイ飲んだらコテン!と眠りに落ちました。
d0115409_12103595.jpg

[PR]
by take23katana | 2009-05-02 23:53 | 泊りがけ
5月4日(日)

朝5:30出撃。別所温泉で朝風呂。

薬師の湯
d0115409_2151394.jpg

こじんまりした、いい温泉でした。


R143で青木峠を越えると、北アルプス連峰が眼前に広がります。
d0115409_228256.jpg


この日は、目いっぱい絶景を堪能しました。

◆安曇野
d0115409_2285725.jpg

d0115409_22946100.jpg

d0115409_22111463.jpg

上原良司の記念碑。上原さんの命日は5月11日です。
d0115409_22104714.jpg

d0115409_22113342.jpg

d0115409_22115043.jpg





更なる絶景を求めて白馬にアタック!!

◆北アルプス連峰
d0115409_22152544.jpg

d0115409_2216297.jpg

d0115409_22163274.jpg


白馬岳の中腹の小屋でコンビニ弁当をむさぼりました。
d0115409_22274743.jpg


かすかに見えるのはオリンピックジャンプ台です
d0115409_2217955.jpg

d0115409_2218233.jpg

d0115409_22182078.jpg



松本を経由してビーナスラインに突入。

◆ビーナスライン
d0115409_22201230.jpg

d0115409_22203090.jpg



たっぷり綺麗な景観を満喫したあとは、伊那にて宿泊。

晩飯はまたしてもコンビニ弁当
d0115409_22254839.jpg


信州に来たんだから蕎麦を食えっ!たわけ!




5月5日(月)

いよいよラスト。楽しい旅の締めくくり。
d0115409_22471930.jpg

AM6:00出撃。下みちで埼玉を目指すことにしました。
d0115409_22474948.jpg


あいにくの曇り空から、うっすら見える中央アルプス
d0115409_22465943.jpg



R299メルヘン街道を快走
d0115409_2249769.jpg

d0115409_22492555.jpg



麦草峠の季節感を狂わされる風景は神秘的でした。
d0115409_22501164.jpg



順調なペースでアッという間に八千穂まで到達。


ところがここで予想外のハプニング。
ここから秩父へ抜ける道、県道124号(ぶどう峠越え)と、R299(十石峠)が
両方とも通行止め。
d0115409_22595865.jpg

オーマイガッ!


仕方なく、メチャメチャ遠回り。

R141を佐久まで北上。
そこからR254でひたすら埼玉を目指しました。


下仁田(群馬)で温泉休憩
◆荒船の湯
d0115409_2361447.jpg

ついでにここで食事

下仁田名物こんにゃく
d0115409_2371614.jpg


やっとここで蕎麦のお出まし(群馬になっちゃったけど)
d0115409_2375144.jpg


その後、富岡→藤岡→本庄→寄居→嵐山→東松山→鶴ヶ島→・・・・
R254の地味ィィ~な一本道で無事帰還しました。
走行距離もこたえたけど、雨に降られたのがキツかったです。
[PR]
by take23katana | 2008-05-05 23:25 | 泊りがけ