ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!



お土産として、こんなのを買いました。


喜多方ラーメン
d0115409_18234497.jpg
試食したら猛烈に美味しかったので購入。
帰宅後食べたら、やっぱり美味しかったです。よくダシのきいたスープが絶妙です!。
d0115409_18262141.jpg



うまくて生姜ねえ&辛くて生姜ねえ
d0115409_18313954.jpg
会津では評判のご飯のお供のようです。
冷奴と一緒に食べると激烈に美味しいです。
d0115409_18331070.jpg



純米酒 蔵粋(くらしっく)
d0115409_1834690.jpg
モーツァルトの曲を聞かせながら発酵させ作った、という珍しい製造方法の酒。
職場のバーベキュー大会に持参したら、いつの間にか空っぽになってました。


白虎隊Tシャツ
d0115409_18443361.jpg
すでに持ってたけど、また買ってしまいました。
[PR]
by take23katana | 2012-10-08 18:48
8月15日(土)のつづき。

会津若松市内を散策しました。

会津攻防戦では武家の婦女子たちも薙刀をとって奮戦しました。
その悲劇の象徴がこの中野竹子像です。
d0115409_1933471.jpg
慰霊碑がちょうど清掃作業されていたのは嬉しかったです。
d0115409_193649.jpg
来年、ここもたくさんの観光客で賑わうことでしょう。
来年の大河ドラマではこの中野竹子を黒木メイサさんが演じます。


西郷頼母邸跡
ここでも悲しいエピソードがありました。
d0115409_19432448.jpg
d0115409_19434061.jpg


白虎隊が自刃した飯盛山。ここはお線香が絶えることはありません。
d0115409_19455771.jpg
d0115409_19462036.jpg
d0115409_19465058.jpg


お土産屋さんではやっぱりありました、大河ドラマ関連商品。
d0115409_19474129.jpg
d0115409_1947595.jpg
d0115409_1951515.jpg
私もとてもイカしたキーホルダーをゲット!!。
d0115409_19572117.jpg
八重は銃をとって奮戦、射撃の腕前もなかなかのものだったようです。
そこからついた異名が「幕末のジャンヌ・ダルク」なのでした。


如来堂あたりを流れる側溝の水。
d0115409_19492937.jpg
とても透明で澄んでいて、メダカが泳いでました。
d0115409_195081.jpg
きれいなお水で作る会津のお米はさぞかし美味しいことでしょう。
[PR]
by take23katana | 2012-10-04 19:52
8月のお盆休み、会津へ行ってきました。

8月15日(水)

那須を経由、涼しくて気分爽快。
d0115409_1853276.jpg
R289のダイナミックな絶景。
d0115409_1862070.jpg
d0115409_1863263.jpg
d0115409_1864596.jpg
綺麗です。
普通に目が見えるということが、じつはとてもありがたい事だったのだと感じます。
d0115409_18121621.jpg


まずは喜多方へ突入。お気に入りの喜多方ラーメン店へアタック!。
まこと食堂
開店直後の朝9時にもかかわらず30分待ちの行列ができてました。
d0115409_18154334.jpg
久しぶりに味わう感動の味。激烈に美味しかったです。
d0115409_18174621.jpg


その後は会津若松へ戻って史跡巡り。
d0115409_18203032.jpg

如来堂 新選組奮戦の地 
来年の大河ドラマでは新選組の斎藤一も登場します。
d0115409_18224634.jpg
d0115409_18261227.jpg
落城目前の会津。
北へ転戦しようとする土方歳三に対して、斎藤(この時、山口二郎に変名)は最後まで会津と
命運をともにすることを選びます。
d0115409_18262511.jpg
実際、会津落城後の斗南藩移封までもお付き合いすることとなります。
d0115409_18264816.jpg
そんな筋の通った武士、新選組の三番隊隊長がどんな風にドラマで描かれるか非常に楽しみです。
d0115409_18404071.jpg


つづく。
[PR]
by take23katana | 2012-09-29 18:29
日付はまだまだ9月4日(土)です。

裏磐梯ゴールドラインにアタック!!
d0115409_2381613.jpg
d0115409_2385262.jpg
猪苗代湖は相変わらず青くて大きかったです。
d0115409_23141264.jpg
d0115409_23263418.jpg
檜原湖から眺める豪快な姿の裏磐梯。
d0115409_23132443.jpg
d0115409_23214034.jpg


檜原湖を半周したあたりで見覚えのある路地に遭遇。
こ、これは!!!

温泉民宿えんどう
20代の頃、バルカンさんと宿泊した事のある温泉宿を発見!。
な、なつかしい!!
d0115409_23294771.jpg
500円で温泉だけ入れるとの事なので感動のアタック!。
玄関や廊下の雰囲気も鮮明に覚えていて、まるでタイムスリップしたみたいです。
d0115409_23342122.jpg
思い出のいっぱい詰まった湯で心と身体を癒しました。
d0115409_2340057.jpg
d0115409_23402366.jpg
感動をありがとう!発進、GO!!
d0115409_23444433.jpg
d0115409_2211593.jpg

猪苗代湖へ到着。遠くで見ても、近くで見てもきれいな湖です。
d0115409_22485033.jpg
d0115409_22492670.jpg

白虎隊奮戦の地を経由して会津若松市街へ戻りました。
d0115409_22474412.jpg
d0115409_2248414.jpg
d0115409_22521838.jpg


帰るのが面倒になってしまったので、ネットカフェで宿泊することにします。
こっそり持ち込んだ酒で酔っ払いながら、また仮面ライダーカブトを鑑賞。

「お前か、俺の相棒を笑ったのは・・・
     俺も笑ってもらおう・・・変身!」

d0115409_22583450.jpg
矢車アニキのあまりの恰好よさにオシッコちびりそうになりました。

「相棒・・・俺たちは永遠に一緒だ・・・」
d0115409_2341052.jpg
40歳になる中年オヤジが、たかが仮面ライダーで大号泣をぶっこいてしまいました。

つづく
[PR]
by take23katana | 2010-09-04 23:50 | 泊りがけ
9月4日(土)
発進、GO!
東北道を宇都宮ICで降りて下みちでのんびり会津を目指します。
d0115409_2153714.jpg
お馴染みR119日光杉並木街道→R121の定番ルートです。


大内宿
江戸時代の宿場風景を今に残す希少な空間。歴史情緒をたっぷり体感しました。
d0115409_2195898.jpg


AM8:00に会津若松に到着!、そしてそのまま素通り。
一目散に喜多方に突入!!そのワケは・・・・・。

まこと食堂
前回、大行列で断念した喜多方ラーメンの人気店です。今度こそ!という執念に燃えてます。
開店直後の8:30にアタック成功!さすがにこの時間ならすんなり入店できました。
d0115409_227469.jpg
あぁ、これこれ!この味。ちょっと塩分強めのスープ、太くちぢれた麺。
d0115409_2282520.jpg
ずっと待ちわびてたいた味に感動!。
d0115409_2325330.jpg
さりげなくメニューに載ってる煮込みカツ丼とソースカツ丼も気になる存在です。
いつの日か体感してみたいと思います。

無事に野望を達成できたので、あとはゆっくり会津若松の史跡を堪能しました。
d0115409_2474957.jpg
d0115409_2532047.jpg
d0115409_2543898.jpg
d0115409_2541196.jpg

d0115409_257292.jpg
d0115409_258452.jpg
d0115409_20484744.jpg
d0115409_2049275.jpg

d0115409_20491620.jpg


つづく
[PR]
by take23katana | 2010-09-04 23:00 | 泊りがけ
9月21日(月)午後。
食後のひとっ風呂にアタック!。

新選組ファンならば、悩む余地も無く問答無用で東山温泉です。
さすがに温泉の方もその辺はよく心得ているようです。
ファンの心理をくすぐる巧妙な、っていうかコテコテの作戦。
d0115409_21193944.jpg
d0115409_21202249.jpg
d0115409_22182620.jpg
歳三の浸かったとされる湯の痕跡だけが保存されてました。
手を入れてみたら思いっきり水だったのは残念です。
d0115409_21255450.jpg
その代わり一般の露天風呂はナイスな湯加減でくつろげました。
d0115409_2130102.jpg


風呂上りは再び市街をぶらつきます。
d0115409_22222819.jpg
会津秋祭りのパレードには北村一輝さんも参加予定らしいです。
d0115409_21502515.jpg

お土産屋さんで見かけた新選組グッズ。
d0115409_21423978.jpg
d0115409_21462635.jpg
そして、どさくさまぎれにしっかり便乗してる来年大河の龍馬グッズ。
d0115409_21482155.jpg



阿弥陀寺では斉藤一忌が行われてました。
普段はひっそりしてる境内が今日だけは物凄い人だかりです。
d0115409_22344583.jpg

d0115409_21511620.jpg
せっかくなのでちょこっと拝見。
坊さんのお経、親族や関係各者のあいさつの後に行われたのは演舞でした。

天然理心流
d0115409_2157293.jpg
『とおぉーっ!!』
d0115409_2229459.jpg

無外流
d0115409_21581388.jpg
ぶっちゃけ、法要というよりはファンのためのイベントというカンジですが、それでいいと思います。
どんな形であれ、こうしてたくさんの人が集まって故人に思いを馳せてくれれば、
もうそれで万々歳なのです。


この日一番の感動、それは阿弥陀寺脇の沿道で行われてた和太鼓パフォーマンスでした。
d0115409_2272860.jpg
まさに心に響く音色、熱い感動をありがとう!。
d0115409_2274755.jpg
d0115409_228481.jpg



撤収です。
おそらく来年まで見納めになるであろう会津磐梯山。
d0115409_2295870.jpg
d0115409_22103410.jpg

旅の余韻を味わいながら帰路につきました。


オマケ
今回の旅の戦利品。
d0115409_22142279.jpg

[PR]
by take23katana | 2009-09-21 23:15 | 泊りがけ
9月21日(月)

ネットカフェで迎えた会津の朝。
d0115409_221336.jpg
いつのまにか関東地方のナンバーのバイクがけっこう停まってました。
ネットカフェ大好きなライダーは着実に増えつつあるようです。

発進!GO!

会津藩悲劇の象徴は白虎隊だけではありません。
d0115409_22414963.jpg

中野竹子の碑
d0115409_2220272.jpg
竹子は今でいうなら女子高生か女子大生くらいの年頃でした。
d0115409_22473816.jpg
薙刀を振るっての奮戦も空しく最後は額を撃ち抜かれて即死だったそうです。
d0115409_22333974.jpg
彼女たちが必死に守ろうとしたものは何なのか。
なぜ会津が戦場にならねばならなかったのか、私たちはその意味をもっと知らなければなりません。


美しい自然景観を堪能します。
磐梯山ゴールドライン
d0115409_22571870.jpg

d0115409_22574271.jpg
風が心地よかったです。
d0115409_22575975.jpg

毘沙門沼から眺める裏磐梯
d0115409_22584288.jpg

檜原湖
d0115409_22591158.jpg
d0115409_23555389.jpg

d0115409_22593283.jpg
d0115409_23571633.jpg


蔵造りの町、喜多方に突入
d0115409_2301863.jpg
ウソかホントか知らないけれど、
発酵中の酒にクラッシク音楽を聞かせると美味しくなるらしいです
d0115409_2312370.jpg
バルカンさんが絶賛していたのでホントだと思います。
『蔵粋』と書いて『クラッシック』と読むブランド酒です。
d0115409_2313587.jpg
d0115409_23132455.jpg
会津ほまれもよろしくね!
d0115409_23502845.jpg


お目当ての喜多方ラーメン店まこと食堂にアタック!。今日こそは!
d0115409_2314717.jpg
ざ、残念!
ビックリするほどの大行列だったのであきらめました。
すっかり有名店になっちゃったのね・・・。


会津若松市街に戻ってソースカツ丼にトライ!!。
d0115409_23185884.jpg
肉の分厚さとジューシーさに感動!
やっぱりコンビニ弁当のとは違います(当たり前だ!)
d0115409_23201456.jpg
矢場とんといい勝負の美味しさでした
d0115409_23195356.jpg


そして食後のひとっ風呂
d0115409_23235868.jpg


つづく
(今回はずいぶん引っぱるね)
[PR]
by take23katana | 2009-09-20 23:00 | 泊りがけ
ようやく午後にさしかかりました。
日付はまだまだ9月20日(日)です。

米百俵のモニュメント
救援物資として送られてきた米を分配せずにお金に換金、学校建設費用にあてた、
という美談として伝わるエピソード。
d0115409_22111628.jpg
米をよこせ!と詰め寄る藩士たち。
d0115409_22271166.jpg
ここで飛び出す小林虎三郎の名言『食えぬからこそ教育なのだ!』
d0115409_22274816.jpg
ちなみにこの小林虎三郎は河井継之助とは犬猿の仲でした。
戦災による長岡の荒廃の原因を人材不足、指導者たちのレベルの低さにあった
と考えていたようです。
これは明らかに河井継之助のことを指していると思われます。
d0115409_22193882.jpg
虎三郎は長岡を復興させた英雄として、継之助は長岡を焼き払った戦犯として、
ずっとこの二人に対する評価は明暗が分かれてきたように思います。
果たしてどちらが正しかったのか、というのはそう簡単に答えは出せません。

まじめに考えていくとまたしても『命よりも大切なものはあるのか』というところに
行き着いてしまいます。
これは日本人が永遠に抱えていくテーマのような気がします。


寺泊漁港にアタック!
ちょうどお昼時ということもあり、たくさんの人で賑わっていました。
d0115409_22492175.jpg

ずらっと並んだ美味しそうな魚たち。
d0115409_22502780.jpg
d0115409_23242452.jpg


鯛の丸焼き(700円)をゲット!
とてもグレイトな味わいでした。
d0115409_22512914.jpg
いろいろ食べてみたかったけど結局これだけでお腹いっぱいになってしまいました。
d0115409_22525784.jpg
埼玉県民の私にとってはめったに見られない日本海側の海です。

会津を目指すことにします。
発進!GO
海を眺めながらの国道402号シーサイドラインは爽快でした。
d0115409_23156.jpg


日が落ちた頃に会津に突入成功。
d0115409_232471.jpg


まずは東山温泉でひとっ風呂。
d0115409_2342814.jpg
ただ大河ドラマの時間が迫ってたのでカラスの行水になってしまいました。

ネットカフェに突入
ギリギリセーフで間に合いました!!。
今日は楽しみにしていた関ヶ原の回です。
d0115409_238861.jpg

セブンイレブンでゲットした地域限定『ソースカツ丼』弁当が実に感動的でした。
d0115409_2352563.jpg
風呂上りに美味しい物を食べながら、グビッとお酒を飲みながら、
大好きなテレビ番組を見る・・・しかも旅先で。あぁ、極上の幸せ。

『進め進めぇ~っ!』
d0115409_23141584.jpg

『殿、おさらばでござる!』
d0115409_23133212.jpg

『左近っ!』
d0115409_23153380.jpg



こうして有意義な一日が終りました。
明日は会津を散策します。


つづく
[PR]
by take23katana | 2009-09-20 22:58 | 泊りがけ
9月27日(土)、28日(日)と泊りがけで会津へ出撃してきました。

ファイナルエディションの初陣です。
あいにく天候には恵まれなかったけど、楽しい思いを体感してきました。


9月27日(土)

やっぱりドキドキしたETCゲート。
通過の瞬間、感動がこみ上げました。
d0115409_6234586.jpg
午前3:30の発進だったのでまだ真っ暗です。


東北道を宇都宮ICで降りて、そこから下みちです。
ちょうど日光のあたりで日が出てきました。
d0115409_6252090.jpg
d0115409_625362.jpg



国道121号で山越えをしてると雨が降ってきやがりました。
ピカピカだったマシンが初出撃にして早くも泥だらけ。ウッキキー!
d0115409_6264076.jpg
ただ、この道は交通量も少なく信号もほとんどないので軽快なペースで走れました。


そして、ご到着!会津若松
d0115409_6284460.jpg



腹が減っていたので喜多方へ突撃。
まこと食堂です。久々に味わう懐かしい味でした。
d0115409_6341285.jpg

っていうか、早朝8時から営業してくれてたのがすこぶる有難かったです。

たまたま相席になったのが名古屋からゼファー750で来てる私と同年輩のライダーでした。
おしゃべりをしながら、楽しい時間が過ごせたことを感謝してます。
d0115409_6385100.jpg



会津若松市内に戻って、史跡めぐりGO!。
d0115409_7425968.jpg

d0115409_7561446.jpg

d0115409_640381.jpg

d0115409_641335.jpg

d0115409_6413144.jpg


飯盛山の広場で綺麗なお姉さんが浪曲に合わせた舞を披露してくれてました。
訪れた観光客へのサービスだと思います。
d0115409_6432286.jpg

d0115409_643439.jpg


白虎隊の少年たちが激闘を繰り広げた草原。
d0115409_6512539.jpg

d0115409_6514759.jpg


新選組三番隊長・斎藤一のお墓
d0115409_6462679.jpg

じつは9月28日は彼の命日でもあります。
あともう一週間早く来てれば斎藤一忌なるものも行われてたらしいです。


裏磐梯の景色と道を堪能しようと思ってゴールドラインにアタック。
d0115409_6481383.jpg

ところが見事にザーザー振りの雨。やむなく撤退。
d0115409_6503791.jpg

せっかく会津に来て裏磐梯を走れない、というのは非常にもったいない。
今回はこの悲運だけでもかなりの大損ぶっこいてます。ムキキー!。


風呂はもちろん、土方歳三も浸かった東山温泉。
d0115409_653680.jpg


駅前のホテルに着いて、とりあえず発泡酒をグビッと飲んだら、
そのままコテン!と眠りに落ちてしまいました。
d0115409_6574178.jpg


会津の名物料理、馬刺しやら、ソースカツやらを食べ損ねました。
っていうか、晩飯そのものを食べ忘れてしまいました。キィーッ!


9月28日(日)

朝食がバイキングだったのはラッキー☆!
昨晩の腹いせに目一杯ガツガツむさぼり食いました。
d0115409_721515.jpg



最後の市内観光へレッツアタック!

◆佐川官兵衛顕彰碑

「鬼官兵衛」の異名を持つ会津藩の猛将。
幕末維新を戦い抜いて、さらに明治10年の西南戦争では元会津藩士からなる
警視庁抜刀隊を率いて参戦。
熊本阿蘇にて壮絶な、というか悲壮な戦死を遂げます。
d0115409_7515944.jpg
d0115409_7115181.jpg
碑に寄り添うように植えられた阿蘇の松が心に染みました。


d0115409_7144517.jpg



◆滝沢本陣
会津攻防戦で藩主松平容保が前線激励のために陣を置いた場所。
d0115409_7191566.jpg

その警護役として付き従ったのが白虎隊隊士たちでした。
そして、彼らもここから出撃していきます。
d0115409_7201056.jpg


建物の随所にみられる戦闘の痕跡。
d0115409_722923.jpg

d0115409_7223418.jpg

d0115409_72258100.jpg



この日も山の方はどんより灰色の雲が立ち込めてます。
残念ながら裏磐梯はまたしても断念。

いさぎよく撤収ルートにつきます。
ありがとう会津。また来るからね!。
d0115409_7283679.jpg

d0115409_7254139.jpg


国道121号で宇都宮を目指します。
来る時同様、快適にスイスイ走れました。
d0115409_730754.jpg


栃木県に入ったのはあっという間だったような気がします。
d0115409_7315882.jpg

鬼怒川温泉に立ち寄って疲れを癒しました。

名門あさやホテルの天空風呂。とてもグレイトでした。
d0115409_733296.jpg


宇都宮まで来たら、やっぱり餃子です。
d0115409_7344173.jpg
d0115409_7345352.jpg


東北自動車道が事故の影響で渋滞してたけど、大河ドラマに15分遅刻で無事帰還。
今回は天候に恵まれなかったのが残念だったけど、それでも久しぶりの会津、
楽しい思いを満喫しました。

今回が試し斬りだったファイナルカタナの乗り味もサイコーでした。


おまけ↓
今回の戦利品です。
d0115409_738784.jpg

シャキーン!
d0115409_7385846.jpg

[PR]
by take23katana | 2008-09-28 06:17 | 泊りがけ
ひとっ風呂浴びてすっきりした後は、後半戦に突入。

◆飯盛山
白虎隊の少年たちの悲劇の場所です。

正面の石段がデーンとそびえます。ガッツで登っていきます。
d0115409_2321753.jpg


道の両側はお土産屋。お客さんで賑わってます。
d0115409_2393190.jpg


とある休憩所では今年正月に放映されたドラマが上映されてました。
(ちょうど激闘シーンだったため、ちょっと見入ってしまいました)
d0115409_2311779.jpg


もちろんゲットしました白虎隊グッズ。
d0115409_23145418.jpg


◆白虎隊記念館
会津攻防戦での貴重な遺品、資料がいっぱい。
d0115409_23175342.jpg

d0115409_23181011.jpg



少年たちはこの洞窟をたどって飯盛山へたどりつきます。
ずぶ濡れになりながら、飢えと寒さに耐えながらの敗走でした。
d0115409_23535871.jpg



◆白虎隊 十九士の墓
d0115409_23202290.jpg


すぐそばには容保公が少年達を悼んだ歌碑があります。
d0115409_23245020.jpg

d0115409_23293154.jpg


飯沼定吉の墓
d0115409_23311024.jpg


◆白虎隊 自刃の地
d0115409_23343865.jpg

ここから眺める会津市内の風景。
d0115409_23382732.jpg

d0115409_23352281.jpg

そして、かすかに見える鶴ヶ城。
d0115409_23355749.jpg

必死で彼らの心にリンクを試みる。
その瞳にうつるものは悲しみか、絶望か。
d0115409_23462144.jpg


自刃、戦死した武家女性の慰霊碑
d0115409_2357270.jpg

d0115409_23572882.jpg


悲しい歴史ゆえに飯盛山は、訪れる人をしんみりさせてしまう空間です。
そんな中に、ちょっとヘンテコなモノもあったりします。
それがこのさざえ堂です。
d0115409_035096.jpg

d0115409_023073.jpg

どんなもんか話しのタネに入ってみました。(入場料400円)
あまりのくだらなさに心が和みました。

さぁ、飯盛山をあとにして。
次のポイントへアタック


◆滝沢本陣
容保公が前線激励のため、ここに布陣しました。
家屋にはおびただしい弾痕や刀傷。当時の激戦が垣間見えます。
d0115409_015164.jpg


滝沢本陣から峠道を越えると、広い草原のような地帯に出ます。

◆戸ノ口原古戦場跡
滝沢本陣から出撃した白虎隊が奮戦した場所。
d0115409_0223814.jpg

ひっそりたたずむ慰霊碑
d0115409_0231785.jpg

そして墓碑
d0115409_024201.jpg
緑の美しさが心にしみます。
d0115409_026367.jpg


時刻は15:00ぐらい。
名残惜しいけど撤収ルートにむかいます。


会津名物ともいえる裏磐梯コースを走りました。


歴史史跡もさることながら、じつは
この美しい自然景観こそ会津の魅力だと思います。

磐梯ゴールドラインから眺める猪苗代湖
d0115409_0433167.jpg

d0115409_0441611.jpg

d0115409_0453398.jpg




雄大にそびえる会津磐梯山、じつは表と裏とで景観がガラリと変わります。

まずは優美な表側
d0115409_0354776.jpg

d0115409_0372022.jpg


そして裏側。
大きくえぐれた、むき出しの岩石。
d0115409_0392960.jpg
明治21年の大噴火で、自らの山肌をも吹き飛ばしたそうです。
ずいぶんグレイトな大噴火だったんですね。


快適ワインディングが延々続く楽しい道。
d0115409_0463867.jpg

d0115409_047722.jpg

d0115409_0472990.jpg
ありがとう会津。また来るよ!!。

◆母成峠
会津藩兵はここに陣を構え、西軍を迎え討ちます。
その中には新選組の猛者どもの姿もありました。
d0115409_0565055.jpg

峠からの眺め
d0115409_0583098.jpg


墓碑、そして慰霊碑
d0115409_135853.jpg

d0115409_1265553.jpg


d0115409_111424.jpg
母成峠を越え、いっきに郡山まで抜けました。

郡山ICから東北自動車道に飛び乗って、岩槻ICまで
ノンストップで突っ走りました。

20:00無事帰還。
なんだ、会津なんて余裕の日帰りコースじゃん
・・・・と思いきや、帰宅後ドッと疲れがでて、そのまま爆睡ぶっこきました。

d0115409_184835.jpg

美しい町会津、やはりせっかく訪問するなら泊りがけでゆっくり味わうべきだと痛感。
[PR]
by take23katana | 2007-08-26 23:00 | 日帰り