ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!

日付はまだまだ8月13日(金)です。

花巻南ICから東北道に乗って一関までいっきに移動。
R342で栗駒山を越えました。
d0115409_2224398.jpg

d0115409_22245734.jpg
じゅんさい村キャンプ場に立ち寄ります。
今回も時間の都合で宿泊はできず、記念撮影のみでした。
d0115409_2227208.jpg
来年こそは、ぜひここでテントを張りたいです。
d0115409_22281684.jpg


川原毛大湯滝
お目当ての温泉に到着!!。
d0115409_22304917.jpg
d0115409_223895.jpg
流れ落ちる滝がお湯、滝つぼがそのまま天然の湯舟。
偶然にもほどがある!!自然の驚異、神の存在を感じさせてくれます。
d0115409_22352953.jpg
今年も訪れることが出来て満足です。
d0115409_22323442.jpg

駐車場に戻ると、すぐ隣に私と同じ大宮ナンバーの9Rが停まってました。
d0115409_22573578.jpg


発進!!硫黄漂う尼湯を通過。
d0115409_22481531.jpg


川原毛地獄
荒涼とした殺風景な風景も、今となっては懐かしい思い出スポットです。
d0115409_22373151.jpg
「俺はいま、地獄にいる。川原毛という名の地獄に・・・。」
なんちって。
d0115409_2238128.jpg
d0115409_22382998.jpg


R108仙秋サンライン。緩やかなカーブが続く山越えは実に爽快でした。
d0115409_22495020.jpg


仙台に到着。
いつもの店、花京院交差点の利久に突入!!。
d0115409_22524125.jpg
炭火で丁寧に焼かれた牛タンは激烈に美味しかったです。
d0115409_22535379.jpg


宮古湾の朝焼けでスタートした長い一日がようやく幕を下ろします。
内容的に濃く、とても充実した一日でした。
d0115409_22503436.jpg
d0115409_22505647.jpg
宿泊はまたしても、お馴染みのネットカフェです。

「キャスト オフ!」
(Change!,Dragonfly!)
d0115409_2354355.jpg
「ライダーシューティング!」
d0115409_238734.jpg
ハイボールで酔っ払いながら、引き続き「仮面ライダーカブト」を鑑賞しました。

8月14日(土)
午後から再び天気が崩れるとの予報ゆえ、いさぎよく撤退することにします。
発進!GO!
d0115409_311936.jpg

仙台南インターから東北道に乗ります。
d0115409_22335059.jpg
順調に走行。岩槻ICまでピッタリ3時間で到着。
d0115409_2424388.jpg

地元の温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒しました。
d0115409_2495160.jpg
今年も有意義な旅が出来て良かったです。
[PR]
by take23katana | 2010-08-13 23:59 | 泊りがけ
日付はまだ8月13日(金)、岩手県の名所をじっくり堪能しています。

遠野へ突入。
風情あふれる民話の里です。
d0115409_2245297.jpg


カッパ淵
d0115409_2158044.jpg
d0115409_21583854.jpg
残念ながらカッパに会うことはできませんでした。
きっとどこかに身を潜めていたのでしょう。
d0115409_2224532.jpg
人通りのない夜ならば、まだチャンスはあるかもしれません。
d0115409_2232059.jpg


伝承園
園内には重要文化財となっている古い家屋が並びます。
d0115409_22112198.jpg
d0115409_32434.jpg
座敷わらしを探してみたけど、やっぱり見つかりませんでした。
d0115409_22124912.jpg
d0115409_22132046.jpg
ご神体として祭られるオシラサマには馬と恋仲になってしまった娘の悲話が伝わります。
d0115409_22271260.jpg
d0115409_22135771.jpg
d0115409_22194765.jpg


ひたすら青空が広がっています。発進!GO!。
d0115409_22384588.jpg


岩根橋
宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」をイメージしたとされる橋。
d0115409_22512073.jpg
  『僕たちと一緒に乗って行こう。
  僕たち、どこまでだって行ける切符持ってるんだ。』


  宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」より
d0115409_2252315.jpg


宮沢賢治のふるさと 花巻に到着。
d0115409_093648.jpg


雨ニモマケズ詩碑
賢治が農耕と芸術の融合という理想のために作った私塾(羅須地人教会)の跡地。
d0115409_23533499.jpg
d0115409_2355784.jpg
d0115409_013312.jpg
d0115409_023417.jpg
d0115409_015413.jpg


やぶ屋 総本店
賢治が教員時代に行きつけにしていたそば屋。
d0115409_21235348.jpg
賢治がお気に入りだった天ぷらそばとサイダー。今ではお店の名物セットとなってます。
d0115409_21271413.jpg
猛烈に感動しながら美味しさをかみしめました。

ここでようやくお昼を少し過ぎたくらいです。まだまだ時間はたっぷりあります。
発進!GO!!
お馴染み、秋田にある滝つぼの天然露天風呂を目指します。
d0115409_2136519.jpg


つづく

[PR]
by take23katana | 2010-08-13 23:55 | 泊りがけ
8月13日(金)
雨はすっかり上がってました。盛岡市街のネットカフェから発進!!。
d0115409_2372197.jpg
宮古湾に突入!。朝焼けが猛烈に綺麗でした。
d0115409_23113316.jpg
d0115409_23102790.jpg
ここは戊辰戦の折、旧幕軍による接舷攻撃、アボルダージュ作戦が展開された場所です。
d0115409_23462647.jpg
d0115409_2323229.jpg
その大胆で特異な戦闘は宮古湾海戦として歴史に名を刻みます。
d0115409_23203834.jpg
宮古湾海戦の記念碑
旧幕軍の勇猛果敢さを称えてることは、文字の雰囲気からヒシヒシ伝わってきます。
d0115409_23305162.jpg
d0115409_23324227.jpg
d0115409_23315279.jpg
題字は東郷平八郎元帥の書です。
d0115409_23312489.jpg

幕軍勇士墓碑
浜辺に流れ着いた旧幕軍兵士の遺体を埋葬した墓碑です。
d0115409_23405592.jpg
d0115409_23421441.jpg


宮古港海戦解説碑
宮古湾を見下ろす臼木山山頂付近にあります。
アボルダージュ作戦の概要を解説してくれてる碑です。
d0115409_23445265.jpg
あの新選組副長土方歳三と、日露戦時の連合艦隊指令長官東郷平八郎が
同じ戦闘空域に居合わせた、という事に歴史のロマンを感じます。
d0115409_23492753.jpg
この、ごくありふれた港の風景でさえも、新選組ファンにとってはたまらないのです。
d0115409_22423041.jpg
宮古湾名物「宮古丼」なる海鮮丼が存在するけれど・・・
時間が早すぎてお店がどこもやってません。残念ながら今回は断念します。
d0115409_2249230.jpg
ささやかな記念。龍泉洞の水で作った缶コーヒー。
d0115409_22551043.jpg
台風一過の青空が広がります。
この日は終日晴天に恵まれ、今回の旅行の中で一番有意義で濃厚な一日でした。
d0115409_2244679.jpg
R106からR340で遠野を目指します。
d0115409_2384588.jpg
カッパや座敷わらしといった妖怪の伝承が残る魅惑の里です。
d0115409_23154627.jpg


つづく
[PR]
by take23katana | 2010-08-13 23:00 | 泊りがけ
8月12日(木)
盛岡のネットカフェから発進!GO!
滝沢ICから東北道に乗り、いっきに十和田湖へ突入成功!。
d0115409_13133580.jpg
今年もこの風景に出会えたことを嬉しく思います。
d0115409_13153351.jpg
奥入瀬渓流
心をいやす渓流と美しい自然風景が続きます。
d0115409_13173973.jpg
d0115409_13183758.jpg
d0115409_13185181.jpg
昨年突入を逃した酸ヶ湯温泉にアタック!。
d0115409_13232832.jpg
混浴なので入る時ドキドキしたけど、風呂は見事に男性客ばっかりでした。
d0115409_13242239.jpg

そのままR103十和田ゴールドラインを直進。

雪中行軍遭難者銅像
明治35年に起こった大規模な遭難事故の現場です。
d0115409_13331741.jpg
  『おそらく、今後30年、50年、いや100年たっても
  冬の八甲田は頑として人を阻み、通ることを許さないのではないかと思います。』
   
映画 「八甲田山」 より

d0115409_13333715.jpg
事故の模様を後世に伝える資料館もありました。
d0115409_13362427.jpg
d0115409_13382377.jpg
d0115409_1342550.jpg
R103をさらに北上します。
d0115409_13383376.jpg
d0115409_18264819.jpg

青森湾に到着。
別にどうって事のない風景だけど、ここまで来た!という感慨はひとしおです。
d0115409_1829677.jpg
竜飛崎を目指して津軽半島をグルッと周る予定だったけど・・・
ざ、残念!
雨が降ってきたので断念。すみやかに撤退します。
d0115409_18313954.jpg
激烈に美味しかったです!
東北自動車道 花輪SAで食べた八幡平ポークの生姜焼き定食(750円)。
d0115409_18455834.jpg
秋田名物、味噌たんぽ。
d0115409_18463023.jpg

いよいよ台風が接近してきたようです。雨が強くなってきました。
昨晩と同じ盛岡のネットカフェに避難。そのまま飲んだくれて一夜を過ごしました。
d0115409_18543372.jpg
引き続き仮面ライダーカブトを鑑賞。すっかりハマってます。
トンボをモチーフにしたライダー「ドレイク」がお気に入りです。
d0115409_1924480.jpg
この夜、台風は東北地方を通過していきました。
[PR]
by take23katana | 2010-08-12 22:59 | 泊りがけ
8月11日(水)
ついに来たっ!夏休み!!
この瞬間のために毎日あくせく働いているのだと思ってます。
今年もまた北へ向かいます。
発進、GO!!!
d0115409_4527100.jpg


出発はAM7:00!!遅い!遅すぎるっ!
しかし、東北自動車道は渋滞もなくスイスイ流れてました。
すんなり仙台を通過。長者原SAで食べた串刺し牛タンの美味しさに感動。
d0115409_22171563.jpg
岩手県に突入。うっすら姿を見せる岩手山。
d0115409_22253744.jpg
松尾八幡平ICで降りて懐かしい場所を通過。
かつて雨中の旅でテントを張ったことがある屋根つきチェーン脱着場。
d0115409_10432594.jpg
とあるパーキング。数年前、ここでウンコを漏らしそうになった事があります。
d0115409_3441748.jpg
あの時閉鎖中で私の希望と肛門の筋力を打ち砕いたトイレ。現在は無事に復旧してました。
d0115409_3533788.jpg
八幡平アスピーテラインに突入。爽快なワインディングロードです。
d0115409_3571059.jpg
ただ、あいにくの曇り空で景色は真っ白でした。
d0115409_3573497.jpg
d0115409_3594073.jpg

d0115409_93828.jpg
八幡平温泉郷、大沼温泉でひとっ風呂浴びます。
d0115409_959369.jpg
木々に囲まれ風情たっぷりの露天風呂。
d0115409_1094052.jpg
d0115409_1012289.jpg
ここ、大沼から先は雨がザーザー降りだったので直進を断念。
もと来た道を引き返し、盛岡市街へ突入。

盛岡名物の美味しいものを堪能。
d0115409_10183413.jpg
ジュワワー!!
d0115409_10232115.jpg
ホルモンと冷麺のあまりの美味しさに生きている幸せを実感。
d0115409_10274725.jpg
いよいよ市街地でも雨が降り始めてきました。残念ながら本日の走行は終了します。
いさぎよくネットカフェに避難。
d0115409_10301052.jpg
シャキーン! 『変身!!』
d0115409_10322027.jpg
ベロンベロンに飲んだくれながら仮面ライダーカブトを鑑賞しました。
主演の水嶋ヒロさんが格好良く、ストーリー展開も面白かったです。
d0115409_10351595.jpg

天候に左右されてしまった夏休み旅行の一日目でした。
[PR]
by take23katana | 2010-08-11 21:56 | 泊りがけ
8月15日(土)
盛岡の朝。デーン!とそびえた岩手山が見事です。
d0115409_17232367.jpg

名所を巡りながらの帰路につきます。


石割桜
   『盛岡の桜は石ば割って咲ぐ。 
    おぬしらもぬくぬくと春ば来るのを待つではねえぞ。
    南部の武士ならば、みごと石ば割って咲げ。』
   
     浅田次郎著『壬生義士伝』より

d0115409_17362921.jpg


上の橋。
d0115409_1741155.jpg
この何の変哲もない橋すら壬生義士伝ファンにとっては、たまらないスポットです。
d0115409_17462268.jpg



岩手県名発祥の由来となった鬼が岩につけた手形があるらしいです。
d0115409_17492310.jpg
それがこれ。
d0115409_17491387.jpg
ところが、手形は風化のため判別できないとのこと。
なんか、すごいだまされたカンジ。


旧盛岡高等農林学校の校舎。
d0115409_1752069.jpg
『壬生義士伝』の中で農学博士となった次男・貫一郎が赴任してくる場所です。

壬生義士伝は私にとって男として、人間としての教科書のようなものです。
d0115409_17581029.jpg
いつの日か、大河ドラマ化されることを切に願います。
吉村貫一郎役は阿部寛さん、斉藤一役は浅野忠信さんを希望、
・・・と勝手に夢を膨らませてます。

せっかく盛岡まで来たので小岩井農場に寄り道。
d0115409_1873861.jpg
d0115409_1881577.jpg
d0115409_20472936.jpg

d0115409_1884497.jpg


お約束、冷麺は相変わらずデリーシャスでした。
d0115409_1818489.jpg
ただし、スイカの存在はいかがなものかと前回食べた時同様、やっぱり思いました。


宮沢賢治のふるさと花巻を通過。
d0115409_1822467.jpg
d0115409_18222463.jpg

d0115409_18223950.jpg


花巻から仙台を目指して、ただひたすらに国道4号を南下。


花巻を過ぎてすぐに、突然後ろからヒュウゥ~!!というドキッ!とするサイレンの音。
見るとやっぱり白バイ!!。
ガーン!
やばい・・・けっこうスピード出てたかも・・・。

白バイ警官は意外なことを口走りました。
『割り込んじゃダメだろう』

(は?)

ようするに信号待ちで停車してる車の列を左から抜いて、先頭に出た事をさしてるようです。
交通法規はどうであれ、それってバイクならごく普通の行為だと思っていたので驚きました。

いちおう反論してみました。
『渋滞してる時は左側から徐行して抜いていい、と教習で教わりました』
『そんなルールはない!』と言って来たので、
『でも自分は確かにそう教わりました』と応酬。

意味のない、次元の低い水掛け論を繰り返してたら警官があきらめてくれました。
た、助かった・・・。


その後は少し慎重になりながら、また4号を南下。
延々走っているうちに思考も固まって、ただ無心の状態でマシンにまたがってました。

水沢⇒平泉⇒一関⇒築館⇒古川⇒大和、通過。
っていうか、花巻(岩手)と仙台(宮城)って意外と距離あるのね。


日が暮れる頃に仙台に到着。
長い長い市街地走行だったので疲れました。

利久の牛タン。
d0115409_18452495.jpg
ありがとう!仙台!、そんな想い込めながらじっくり味わいました。


食後のひとっ風呂。『ペアーレ』という温泉。
d0115409_18501577.jpg
今回の仙台滞在中は全てここを利用してました。
また次回来る時もきっとお世話になるでしょう。あと、あのネットカフェも。

ペアーレのロビーでほんの少しのうたた寝をしてから
発進!GO!


埼玉まで下みちで行くことにします。
高速に乗ってしまったら、その時点で旅が終ってしまうような気がして・・・。

もう少し乗っていたい、まだ帰りたくない、そんな往生際の悪さも働いたのでしょう。

海沿いを走る6号線に入ります。
ひたすらまっすぐ、どこまでも、どこまでも、とにかく直進。

疲れたらコンビニで休憩。
d0115409_18594723.jpg


海沿いを走ってるけど真っ暗なので景色が楽しめないのが残念です。

福島県のいわきまで来た時に疲労が限界。
私はもうすでにジジイライダーです。

テキトーな砂浜で寝ることにします。
d0115409_194026.jpg
ザザーン!という心地よい波音、ラッキーなことに柔らかい砂浜。
ゴロン!と横になった瞬間に眠りに落ちました。

あぁ、楽しくて有意義な旅だったなぁ・・・。
そんな満足感に浸りながら。


日が昇り明るくなって目が覚めました。
d0115409_2023288.jpg
地元のオッサンが釣りをやってます。
たぶん、最初に私の姿を目撃した時、死体かと思ったに違いありません

8月16日(日)

海を眺めながら走る爽快感。
d0115409_2052030.jpg
あっという間の夏休みだったなぁ、という感傷も当然沸きます。
頭の中で『菊次郎の夏』のテーマが流れっぱなしでした。
d0115409_20275266.jpg



大洗に到着。
d0115409_2085952.jpg
ここまで来たら、もう旅はゴールを迎えたに等しいです。

海の幸が朝ごはん。
d0115409_2011144.jpg

d0115409_20134933.jpg


せっかくなので、
シャキーン!
d0115409_2014493.jpg
例によって小さなモノ共が釣れました。

かわいいフグ。
d0115409_20153643.jpg


水中専用カニ。
d0115409_20163266.jpg
ささやかな海遊びだったけど充分楽しめました。

大洗から埼玉までは下みちです。
実は、この区間の走行が今回の旅の中で一番つらかったです、灼熱地獄と睡魔とで。

15:00頃無事に帰還。思いっきりライダー焼けしてました。
d0115409_20211868.jpg


今年の夏休みは昨年の借りを返せて大いに満足してます。
[PR]
by take23katana | 2009-08-15 23:19 | 泊りがけ
8月14日(金)
天気がすっかり回復。
発進!GO!
d0115409_3583420.jpg
本日のターゲットは秋田にある滝の温泉。思い出のいっぱい詰まった場所です。

空の青さがまるで宝石のようでした。
d0115409_4221837.jpg
d0115409_4231020.jpg


国道108号でレインボーがお出迎え。
d0115409_4271883.jpg
今日はいい旅になりそうなステキな予感。

・・・と思ったら、
信じられないことにこの直後、秋田県に入ったとたんザーザー降りの雨。
なぜ!?天気予報は曇りのち晴れだったのに。
山沿いに関しては予報などあてにならないことを痛感しました。
d0115409_436589.jpg


◆川原毛地獄
日本三大地獄(何それ?)のうちのひとつだそうです。
d0115409_4381640.jpg
d0115409_438304.jpg


どうしても素通りすることができず立ち寄りました。
◆じゅんさい村キャンプ場
私の魂の一部を今後もこの場所に置いてゆきます。
d0115409_4425626.jpg


ドドーン!
d0115409_4483863.jpg
そして遂にご対面!念願だった滝の温泉!。
◆川原毛大湯滝
豪快な滝、これそのものが温泉になっています。
そして地形もソレっぽい形になってるのが自然の驚異といえます
d0115409_452043.jpg
d0115409_6254636.jpg
d0115409_541115.jpg

ずっと来たかった場所、それはそれは嬉しかったですよ。
d0115409_571738.jpg
d0115409_5124848.jpg


山を下って行くと予想どうり雨は上がってました。
d0115409_515923.jpg

田沢湖に到着
d0115409_51658.jpg

d0115409_517138.jpg
d0115409_5163391.jpg

湖畔の食堂で食べた名物稲庭うどん(みそ味)がグレイトな味わい!。
群馬の水沢うどんに似ていました。
d0115409_51881.jpg

さらに北上、今日は行けるところまで行ってみます。
d0115409_5224017.jpg


入らなかったけど記念写真だけ。懐かしい玉川温泉。
(擦り傷でヒリヒリした懐かしい思い出があります)
d0115409_5243979.jpg
d0115409_525090.jpg


青森、十和田湖に突入成功!
d0115409_5284821.jpg
d0115409_5294319.jpg


奥入瀬渓流
d0115409_5321246.jpg
その神秘的な景色は山の神様の存在を感じさせてくれます。
d0115409_5323934.jpg
d0115409_6375688.jpg


酸ヶ湯温泉を目指します。
私の中では十和田湖、奥入瀬渓流、酸ヶ湯、は青森定番3セットとなっています。
ちなみに酸ヶ湯温泉は混浴です。

山を登っていくと霧で前が見えなくなりました。
八甲田山の眺めもへったくれもないです。
d0115409_5424375.jpg
しかも猛烈な寒さ!思わずカッパを着てしまいました。

頑張れ!もう少しで混浴温泉だ!
くじけそうになる自分をエロ魂が励ましました。

ご到着!酸ヶ湯温泉
d0115409_547934.jpg

混浴・・・裸の男と女が一緒の湯船に入ってしまうという、じつに不思議な習慣です。
それゆえ、エロい目的の男たちが全国から集まって来てしまう事を大変遺憾に思います。
(え!?私もですか?)





d0115409_555135.jpg

ガーン!何で!?
d0115409_556789.jpg
ウソーッ!?い、いつからそんなシステムに!?
やはりエロガッパ対策のためでしょう。
ざ、残念・・・  天は我を見放した・・・

悲しみの下山。霧の恐怖と寒さに震えながら。
今年の夏は明らかに気象が変です。
d0115409_60767.jpg


黒石ICから東北道に乗って八幡平まで南下。
八幡平ふもとの懐かしい温泉宿に行ってみたけど時間外のため入れず・・・
d0115409_6103294.jpg
すでに夜10:00を回っていました。

とにかく寒い!
キャンプをしようなんていう発想はコレっぽっちも浮かびませんでした。

盛岡市街に何かあるだろう、と思って行ってみたらこんなの発見。ラッキー!
d0115409_6115061.jpg

疲れと寒さが吹き飛んでリラックス。ありがたい存在でした。
d0115409_6153740.jpg


この日もネットカフェ。すっかり軟弱ライダーに成り果てました。
d0115409_6162010.jpg


グビッとやりながら『スケバン刑事』を鑑賞。
d0115409_6193223.jpg
ようやく全部見ることに成功しました。


こうして盛岡で迎えた夜。
東北ツアーもいよいよ折り返し点に差し掛かりました。
明日からは帰路の旅路となります。
[PR]
by take23katana | 2009-08-14 23:47 | 泊りがけ
8月13日(木)

懐かしいネットカフェで迎えた朝。
d0115409_1562586.jpg
わずかに期待していた天気の回復も望めず、ここ仙台から上の
東北地方はことごとく雨の予報。

仕方がないので今日一日はずっとこの地に踏みとどまって北上を断念します。
そうは言っても杜の都・仙台は歴史史跡の見所がたくさんあって
いつかじっくり散策したい、と思っていたのでこれはこれで良い機会でした。

◆龍雲寺 細谷十太夫の墓と細谷地蔵
d0115409_15143893.jpg
仙台鴉(からす)組を率いて戦った細谷十太夫の墓です。
d0115409_15153445.jpg
地元のヤクザなどのゴロツキどもで編成されてたわりには、めっぽう強く、
大いに西軍(後の明治政府軍)を悩ませたっていうのが痛快です。
d0115409_15261299.jpg
d0115409_15253990.jpg


◆清浄光院(しょうじょうこういん)
額兵隊を率いて戦った星恂太郎の墓とささやかな石碑があります。
d0115409_15421146.jpg
額兵隊はもともと仙台藩が備えた洋式軍隊だったけど藩の降伏を潔しとせず、
函館まで渡って五稜郭戦に身を投じたツワモノたちです。
お墓は『星家』となってたので撮影遠慮しました。

◆榴ヶ岡(つつじがおか)天満宮
額兵隊、星恂太郎の碑があります。
d0115409_161417.jpg

d0115409_1621097.jpg

d0115409_1631587.jpg

d0115409_163332.jpg


◆青葉城跡公園
早いものであれから一年です。
d0115409_1611275.jpg
あの時、わずか一年後にファイナルエディションに乗って再びこの地に
訪れようとは夢にも思っていませんでした。
d0115409_16101242.jpg
ちょうど大河ドラマでは松田龍平さんがすこぶる格好いい政宗を演じてます。
そのせいか、グッズも昨年より増えてるような気がしました。
d0115409_161612100.jpg
d0115409_16171679.jpg
d0115409_16173082.jpg

      オマケ↓
d0115409_1618176.jpg



昼食はもちろん牛タンです。
いつものお店、花京院交差点の『利久』
d0115409_16202614.jpg
牛タンシチュー定食!トロトロに煮込んだタンがブラボーな味わい!
d0115409_16214335.jpg


腹ごしらえをした後は石巻港に突入。
榎本武揚率いる幕府脱走艦隊ゆかりの地です。

土方歳三たちが居留してた宿、そして歳三がつけたらしい刀傷
がある、とのことだったけど・・・
d0115409_16472015.jpg

ざ、残念!
その建物『旧毛利邸』とやらは二年ほど前に解体してしまったとのこと。
情報収集のために立ち寄った(道に迷ったという説あり)石巻市文化センター
職員・小暮さんが教えてくれました。
『せっかく埼玉から来て下さったのにぃ・・・』と心底残念がってくれたのは
嬉しさを感じました。

d0115409_16475878.jpg
小暮さんが手製の石巻市に関する歴史資料をくれて地図を交えながら
丁寧に説明をしてくれました。
d0115409_1724776.jpg


◆日和山(ひよりやま)
榎本艦隊の陸兵がフランス軍事顧問ブリュネ指揮の元で軍事演習を
行った場所です。
d0115409_16541637.jpg

日和山から眺めた石巻港
d0115409_16552268.jpg
宮沢賢治が生まれて初めて海を見たのは修学旅行で訪れたこの地での
この眺めだったらしいです。

渡波(わたのは)港。
土方歳三が榎本艦隊に乗船するためここから小船に乗りました。
d0115409_1703944.jpg


折浜(おりのはま)港。榎本艦隊が停泊していた場所。
d0115409_1715741.jpg
d0115409_1722713.jpg
ちなみに私がこんな事知ってるはずもなく、すべて前述の小暮さんのおかげです。
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

偶然見つけた支倉常長の銅像。
d0115409_176521.jpg
大河ドラマ『独眼竜政宗』でさとう宗幸さんが演じていた悲劇の男です。
可哀想な一生だったけれど、こうして後世に語り継がれてるってことで
この人の人生はこれはこれでチャラだと思います。

海を眺めながら仙台市街に戻ります。
d0115409_17141692.jpg


二晩続けて同じネットカフェに逗留。
同じ敷地内にあるジャスコでパック寿司を激安でゲット!!
d0115409_17152972.jpg
何てったって半額!このボリュームで640円ですよ奥さんっ!

グビッとやりながら今日こそはと『スケバン刑事』を見始めたけど、
半分くらいでまたしても寝てしまい、気が付くと朝を迎えてました。む、無念!


旅はまだまだ始まったばかり。
さらなる冒険と感動が待ち受けます。
[PR]
by take23katana | 2009-08-13 15:01 | 泊りがけ
8月12日(水)

ずっと待ちわびていた夏休み。
発進!GO!
未明の3時に東北自動車道に飛び乗りました。
渋滞を覚悟してた割には驚くほど快適にスイスイと走行。

長者原SA。快調に仙台通過を祝してお約束の牛タン。
d0115409_12592441.jpg
結局、宮城県の築館インターで降りるまで渋滞には全く遭遇しませんでした。

思い出のたっぷり詰まった地、じゅんさい村キャンプ場と滝の温泉を目指します。
d0115409_11443726.jpg
こないだ来たばっかりの鳴子温泉をスパッ!と通過、途中のスーパーで
バーベキュー用の肉を買出し。
d0115409_11441499.jpg
この何の変哲もないスーパーも実は個人的にはとても懐かしかったりします。
あの時と同じように砂肝をゲットしました。

目指すは秋田県じゅんさい村キャンプ場。
ワクワクしながら山越えていくと・・・

非情にも雨。ざ・・・残念。

かろうじて雨が降ってない山のふもとまで撤退、仕方がないので
キャンプが無理なら、せめてバーベキューだけでも決行することにします。
◆吹上高原キャンプ場
景色の良いキャンプ場を発見!ここで昼食を兼ねた休憩。
d0115409_11483138.jpg

木陰で小雨をしのぎながらささやかな宴。
d0115409_1153662.jpg

d0115409_11545332.jpg
ジュワワーッ!
d0115409_1155301.jpg
ついつい舞い上がって買いすぎた肉で腹いっぱいになりました。
d0115409_11563527.jpg

このキャンプ場は嬉しいことに温泉も併設されてます。
さっそくアタック食後のひとっ風呂!
◆すぱ鬼首(おにこうべ)の湯
真っ昼間から肉をたらふく食べて、温泉に浸かる・・・贅沢な時間の使い方です。
d0115409_11584114.jpg

この日、東北地方の山沿いはことごとく雨の予報。
熟慮した結果、雨の降っていない市街地でやり過ごすことに決定。
d0115409_1234312.jpg
年をとるごとに私は軟弱者に成り果てました。

とりあえず見つけた面白スポットにアタック!
◆えさし藤原の郷
大河ドラマを始めとする様々な時代劇に使用される建築セットの空間。
d0115409_12101847.jpg
d0115409_12165671.jpg
d0115409_1221641.jpg

もともとは奥州藤原氏を描いた大河ドラマ『炎立つ』撮影用に造営されたようです。
d0115409_12212924.jpg
d0115409_12215036.jpg


この風景も大河ドラマではすっかりお馴染みです。
d0115409_12112980.jpg
『風林火山』では信虎(晴信の父)追放シーン
d0115409_12123045.jpg
d0115409_12124943.jpg
『天地人』のあのシーンでも
d0115409_12134413.jpg
d0115409_1214521.jpg


施設内は広大で今回は全部隅々まで見て回れなかったのが残念です。
他にも色んなドラマの色んなシーンで使用された場所がたくさんあります。
d0115409_12162477.jpg
d0115409_12163622.jpg

過去にどんな作品で撮影協力したかなど紹介してる資料館もあり
時代劇ファンにはたまりません。
d0115409_1220538.jpg
d0115409_12201828.jpg
d0115409_12203485.jpg


市街地とはいえ、ここ岩手県も明日には雨の予報。
残念ながら仙台まで撤収します。
d0115409_12425147.jpg


せっかくの夏休み東北ツアーだけど、雨で出鼻をくじかれました。

仙台では昨年失意のまま一夜を過ごした懐かしいネットカフェに宿泊。
d0115409_12282798.jpg

密かに持ち込んだチューハイをグビッとやりながら邦画『スケバン刑事』
見てたら開始15分もしないうちに爆睡ぶっこいてしまい、気が付くと
夜が明けてました。

旅はまだまだ序盤です。
[PR]
by take23katana | 2009-08-12 13:06 | 泊りがけ