ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!

よみがえれ石巻! 復興作業3

5月2日(月)

職場ではきれいな藤の花が咲いてます。
d0115409_2326631.jpg
夕方17:00。無事に仕事を終えました。
もちろん残業なんかしません。そのまま石巻へ向います。
「早く行かなければ!」 そんな思いです。

ついに燃費の悪い毘沙門号(自家用車)での出撃を決意しました。
予備燃料10リッター確保。万がいちの時の気休めにはなります。
d0115409_22574383.jpg


今回は過酷な作業を志願するつもりでいます。。
d0115409_2119663.jpg
泥だらけの人間が乗り込むことを想定して座席をカバーしておきました。
d0115409_21263840.jpg
これで乗る人も気兼ねなく安心して乗れるでしょう。
d0115409_21283315.jpg


東北自動車道を快走。そして福島県で途中下車。
温泉に入って仕事の汗を流すことにします。

割烹温泉 観音湯
東北自動車道矢吹ICから車で10分くらい。源泉100%かけ流しです。
d0115409_2141409.jpg
風情満点の素晴らしい湯でした。

安達太良SAで晩ごはん。
d0115409_214626100.jpg
福島県が誇る伊達地鶏を使ったチキンカツカレーは激烈に美味しかったです。
d0115409_21485396.jpg


この日は東北道・菅生SAで寝ました。

5月3日(火)
早朝、石巻専修大学に到着。

8:00過ぎ、受付はたくさんのボランティア希望者であふれていました。

受付を済ませて班編成に入ります。
5人乗れて、一輪車やスコップも積載できる車だからハードな現場をやらせて欲しいと
申し出ました。
この時、指導員の目がキラーン!と光ったように感じたのは私の気のせいでしょか。

この日の現場は被害の深刻な地域での土砂かき出し作業。
d0115409_221843.jpg
車2台(つまり2班)、総勢11人での作業でした。
d0115409_2222375.jpg
部屋の中に堆積した津波の土砂は悪臭を放つヘドロと化していました。
これをスコップですくって土嚢につめていきます。
d0115409_2210491.jpg
匂いは強烈でした。
まだ比較的涼しいこの時期だから良かったです。
これが夏場だったら、卒倒していたかもしれません。
d0115409_22113152.jpg
家の方々や親類の皆さんも一緒に泥まみれになって作業にあたって頂いたのには
大変申し訳なく思いました。これは私たちの仕事だったからです。

昼休みは水道とトイレのある日和山まで移動して取ることにしました。
この日、メンバーに若い女性が4名いたため、一番気にかけていたのはトイレです。
d0115409_2215399.jpg


2年前にここから眺めた石巻港。
d0115409_22174493.jpg
そして現在。
d0115409_2218954.jpg
悲しい現実が心にグサッと突き刺さりました。

日和山の売店でお面が売ってます。そこで信じられないモノを発見!。
d0115409_22233160.jpg
仮面ライダー・ザビーです!。うおぉぉーっ!!(涙)。
「戦いで最も大切なこと、それは完全調和、パーフェクトハーモニーだ。」
後半戦もチーム一丸となって戦うことを再認識しました。

土砂の撤去が終わると、今度は家具の運び出しです。
d0115409_22294553.jpg

噂に聞いていた濡れた畳をついに初体験。
d0115409_22311628.jpg
それはそれはズシリと重く、男二人でようやく持ち上がるくらいでした。

全員仲良く泥だらけになってこの日の作業は終了。
d0115409_22411043.jpg
皆で奏でたパーフェクトハーモニー、素晴らしかったです。ありがとうございます。

夜、スーパーの屋台で買った焼き鳥でグビッとやりました。
d0115409_22464714.jpg
骨身に染みわたる美味さでした。

作業を終えて緊張の糸が切れたせいでしょうか、いっきに酔いが回ったのもあるでしょう。
車のハンドルに突っ伏してひとりでオイオイ泣きました。


明日も作業が待っています。
「今に見ていろ!」 そんな気持ちでした。
[PR]
by take23katana | 2011-05-03 20:00