ブログトップ

青いカタナと白い雲

katana23.exblog.jp

いつも新たな感動を!

2010年 08月 13日 ( 3 )

日付はまだまだ8月13日(金)です。

花巻南ICから東北道に乗って一関までいっきに移動。
R342で栗駒山を越えました。
d0115409_2224398.jpg

d0115409_22245734.jpg
じゅんさい村キャンプ場に立ち寄ります。
今回も時間の都合で宿泊はできず、記念撮影のみでした。
d0115409_2227208.jpg
来年こそは、ぜひここでテントを張りたいです。
d0115409_22281684.jpg


川原毛大湯滝
お目当ての温泉に到着!!。
d0115409_22304917.jpg
d0115409_223895.jpg
流れ落ちる滝がお湯、滝つぼがそのまま天然の湯舟。
偶然にもほどがある!!自然の驚異、神の存在を感じさせてくれます。
d0115409_22352953.jpg
今年も訪れることが出来て満足です。
d0115409_22323442.jpg

駐車場に戻ると、すぐ隣に私と同じ大宮ナンバーの9Rが停まってました。
d0115409_22573578.jpg


発進!!硫黄漂う尼湯を通過。
d0115409_22481531.jpg


川原毛地獄
荒涼とした殺風景な風景も、今となっては懐かしい思い出スポットです。
d0115409_22373151.jpg
「俺はいま、地獄にいる。川原毛という名の地獄に・・・。」
なんちって。
d0115409_2238128.jpg
d0115409_22382998.jpg


R108仙秋サンライン。緩やかなカーブが続く山越えは実に爽快でした。
d0115409_22495020.jpg


仙台に到着。
いつもの店、花京院交差点の利久に突入!!。
d0115409_22524125.jpg
炭火で丁寧に焼かれた牛タンは激烈に美味しかったです。
d0115409_22535379.jpg


宮古湾の朝焼けでスタートした長い一日がようやく幕を下ろします。
内容的に濃く、とても充実した一日でした。
d0115409_22503436.jpg
d0115409_22505647.jpg
宿泊はまたしても、お馴染みのネットカフェです。

「キャスト オフ!」
(Change!,Dragonfly!)
d0115409_2354355.jpg
「ライダーシューティング!」
d0115409_238734.jpg
ハイボールで酔っ払いながら、引き続き「仮面ライダーカブト」を鑑賞しました。

8月14日(土)
午後から再び天気が崩れるとの予報ゆえ、いさぎよく撤退することにします。
発進!GO!
d0115409_311936.jpg

仙台南インターから東北道に乗ります。
d0115409_22335059.jpg
順調に走行。岩槻ICまでピッタリ3時間で到着。
d0115409_2424388.jpg

地元の温泉にゆっくり浸かり、疲れを癒しました。
d0115409_2495160.jpg
今年も有意義な旅が出来て良かったです。
[PR]
by take23katana | 2010-08-13 23:59 | 泊りがけ
日付はまだ8月13日(金)、岩手県の名所をじっくり堪能しています。

遠野へ突入。
風情あふれる民話の里です。
d0115409_2245297.jpg


カッパ淵
d0115409_2158044.jpg
d0115409_21583854.jpg
残念ながらカッパに会うことはできませんでした。
きっとどこかに身を潜めていたのでしょう。
d0115409_2224532.jpg
人通りのない夜ならば、まだチャンスはあるかもしれません。
d0115409_2232059.jpg


伝承園
園内には重要文化財となっている古い家屋が並びます。
d0115409_22112198.jpg
d0115409_32434.jpg
座敷わらしを探してみたけど、やっぱり見つかりませんでした。
d0115409_22124912.jpg
d0115409_22132046.jpg
ご神体として祭られるオシラサマには馬と恋仲になってしまった娘の悲話が伝わります。
d0115409_22271260.jpg
d0115409_22135771.jpg
d0115409_22194765.jpg


ひたすら青空が広がっています。発進!GO!。
d0115409_22384588.jpg


岩根橋
宮沢賢治が「銀河鉄道の夜」をイメージしたとされる橋。
d0115409_22512073.jpg
  『僕たちと一緒に乗って行こう。
  僕たち、どこまでだって行ける切符持ってるんだ。』


  宮沢賢治著「銀河鉄道の夜」より
d0115409_2252315.jpg


宮沢賢治のふるさと 花巻に到着。
d0115409_093648.jpg


雨ニモマケズ詩碑
賢治が農耕と芸術の融合という理想のために作った私塾(羅須地人教会)の跡地。
d0115409_23533499.jpg
d0115409_2355784.jpg
d0115409_013312.jpg
d0115409_023417.jpg
d0115409_015413.jpg


やぶ屋 総本店
賢治が教員時代に行きつけにしていたそば屋。
d0115409_21235348.jpg
賢治がお気に入りだった天ぷらそばとサイダー。今ではお店の名物セットとなってます。
d0115409_21271413.jpg
猛烈に感動しながら美味しさをかみしめました。

ここでようやくお昼を少し過ぎたくらいです。まだまだ時間はたっぷりあります。
発進!GO!!
お馴染み、秋田にある滝つぼの天然露天風呂を目指します。
d0115409_2136519.jpg


つづく

[PR]
by take23katana | 2010-08-13 23:55 | 泊りがけ
8月13日(金)
雨はすっかり上がってました。盛岡市街のネットカフェから発進!!。
d0115409_2372197.jpg
宮古湾に突入!。朝焼けが猛烈に綺麗でした。
d0115409_23113316.jpg
d0115409_23102790.jpg
ここは戊辰戦の折、旧幕軍による接舷攻撃、アボルダージュ作戦が展開された場所です。
d0115409_23462647.jpg
d0115409_2323229.jpg
その大胆で特異な戦闘は宮古湾海戦として歴史に名を刻みます。
d0115409_23203834.jpg
宮古湾海戦の記念碑
旧幕軍の勇猛果敢さを称えてることは、文字の雰囲気からヒシヒシ伝わってきます。
d0115409_23305162.jpg
d0115409_23324227.jpg
d0115409_23315279.jpg
題字は東郷平八郎元帥の書です。
d0115409_23312489.jpg

幕軍勇士墓碑
浜辺に流れ着いた旧幕軍兵士の遺体を埋葬した墓碑です。
d0115409_23405592.jpg
d0115409_23421441.jpg


宮古港海戦解説碑
宮古湾を見下ろす臼木山山頂付近にあります。
アボルダージュ作戦の概要を解説してくれてる碑です。
d0115409_23445265.jpg
あの新選組副長土方歳三と、日露戦時の連合艦隊指令長官東郷平八郎が
同じ戦闘空域に居合わせた、という事に歴史のロマンを感じます。
d0115409_23492753.jpg
この、ごくありふれた港の風景でさえも、新選組ファンにとってはたまらないのです。
d0115409_22423041.jpg
宮古湾名物「宮古丼」なる海鮮丼が存在するけれど・・・
時間が早すぎてお店がどこもやってません。残念ながら今回は断念します。
d0115409_2249230.jpg
ささやかな記念。龍泉洞の水で作った缶コーヒー。
d0115409_22551043.jpg
台風一過の青空が広がります。
この日は終日晴天に恵まれ、今回の旅行の中で一番有意義で濃厚な一日でした。
d0115409_2244679.jpg
R106からR340で遠野を目指します。
d0115409_2384588.jpg
カッパや座敷わらしといった妖怪の伝承が残る魅惑の里です。
d0115409_23154627.jpg


つづく
[PR]
by take23katana | 2010-08-13 23:00 | 泊りがけ